長内那由多

[ 劇作家、俳優、演出家 ]
長内那由多のプロフィール画像
1664 フリーク
フリークポイント
418 作品
レビュー本数
429 作品
鑑賞した映画
93
お気に入りされた数
  • 1 (21)
  • 2 (8)
  • 3 (13)
  • 4 (28)
  • 5 (50)
  • 6 (55)
  • 7 (74)
  • 8 (70)
  • 9 (51)
  • 10 (59)
プロフィール
タマネギ畑が広がる北海道のド田舎で多感な思春期を過ごす。中学2年生で「恋人までのディスタンス」のジュリー・デルピーに恋をする⇒メインの更新は本館ブログへ移行しました。こちらでは劇場公開作についてたまにアップします。
最新レビュー
ハンガー・ゲーム2のポスター
ハンガー・ゲーム2
投稿: 2015年01月04日
5

炎の少女ジェニファー

人気YA小説を映画化したシリーズ第2弾。名匠ジョー・ロス監督が一流スタッフと時間をかけて製作した第1作の手堅さは望むべくもなく、スリルと冒険心に乏しい本作はファンの後押しとジェニファー・ローレンスのカリスマによってかろうじて147分を乗...

ショート・タームのポスター
ショート・ターム
投稿: 2015年01月04日
8

その星条旗を追いかけて

人と人との距離感を見つめた作り手の優しさが伝わってくる映画だ。デスティン・ダニエル・クレットン監督が実体験を基にした本作は短期保護施設で働く介護士が主人公だ。心に傷を負った少年少女達と共に暮らす彼らも家に帰れば人生がある。主人公グレイス...

誰よりも狙われた男のポスター
誰よりも狙われた男
投稿: 2014年12月03日
10

彼はドアを閉め、行ってしまった

フィリップ・シーモア・ホフマンが死んだ。まだ46歳だった。死因は意外な事にドラッグだった。停滞とは真逆の充実したキャリアにあった彼だが、一作一作を真摯に取り組む事でその精神を疲弊させていたのかもしれない。そんな彼の最期の主演作となったの...

スノーピアサーのポスター
スノーピアサー
投稿: 2014年11月30日
7

アイデアの箱舟

天才監督ポン・ジュノが満を持してハリウッドデビューした本作はありとあらゆるセンス・オブ・ワンダーを投入して撮り上げられたSFアクションだ。ドーンと腹に来るトラウマ級のインパクト、ヒューマニズムにあふれたギャグといった持ち味はそこそこに、...

ふしぎな岬の物語のポスター
ふしぎな岬の物語
投稿: 2014年11月30日
1

ジャンル“吉永小百合”

映画には“吉永小百合”というジャンルがある。それは御歳69歳の大女優、吉永小百合が清廉な乙女のようなヒロインに扮し、登場する男性は老若問わず彼女にベタボレという大前提の映画である。それは“サユリスト”と呼ばれる信奉者達のために作られたエクス...

ナイト・オン・ザ・プラネット

流行りのヴァンパイア映画だが、ジム・ジャームッシュの手にかかれば主流から離れた孤高のアーティストの話になる。 アダムは公の場に一切姿を現さないオルタナミュージシャンとしてインディーズシーンで人気を得ているが、その正体は遥昔から生きてきた...

美女と野獣のポスター
美女と野獣
投稿: 2014年11月23日
4

レア・セドゥ、大女優への予兆

古くはジャン・コクトー、そしてアニメ史上に燦然と輝くディズニー版が存在する古典の再映画化が何を成そうとしているのか。レア・セドゥとヴァンサン・カッセルという2大スターによるこれまでにないセクシーでアダルトな新解釈を期待したのだが、クリスト...

海を感じる時のポスター
海を感じる時
投稿: 2014年11月18日
4

anan的“抱きたいカラダ”

中沢けいが18歳で発表した小説「海を感じる時」は1978年の刊行当時に比べて貞操観念のユルくなった現在においてはさして衝撃性はなく、青春時代の未熟な恋愛と性衝動を描いた青春モノとして大いに共感できた。また、娘に対して必要以上に精神的依存をす...

告白(2010)のポスター
告白(2010)
投稿: 2014年11月18日
9

世にも恐ろしい道徳授業

R15指定の本作は15歳以下の中学生に“大人を騙してでも見ろ”と薦めたくなる危険な魅力に満ちた1本だ。 全国どこにでもありそうな崩壊学級の学年末ホームルーム。そこで担任・松たか子は淡々と身の毛もよだつような事を話始め、クラス全体がその常軌...

アンダー・ザ・スキン 種の捕食のポスター
アンダー・ザ・スキン 種の捕食
投稿: 2014年11月12日
10

地球に落ちてきた女

セリフや説明を排し、ノイジーなスコアと独創的なヴィジュアルに物語を融解させたコンテンポラリーなSF映画だ。スカーレット・ヨハンソン扮する美女エイリアンがスコットランドの街を徘徊し、誘惑した男達を捕食する…と聞けば「スピーシーズ」だなんてB...

嫌われ松子の一生のポスター
嫌われ松子の一生
投稿: 2014年11月12日
6

松子のような人生

東京に長年住んでいると気になる事がある。独り身らしき高齢の女性。人生を謳歌しているという風情もなく、薄汚れた格好で人目を避けるか、もしくは敵意のような眼差しを向けて歩いている。都会の人ごみに紛れるように生きる彼女らのこれまでは波乱万丈だ...

NOのポスター
NO
投稿: 2014年11月05日
6

プロテストのすすめ

1988年、チリで独裁政権への是非を問う国民投票が行われる事になった。軍事クーデターによって権力を掌握し、実に15年間も国民を恐怖政治で支配してきたピノチェト政権が国際世論に押された格好だ。彼らは深夜0時から15分間のみ、政権反対派にキャン...

下妻物語のポスター
下妻物語
投稿: 2014年11月05日
7

“負ける気がしねぇ”

鬼才・中島哲也監督の長編デビュー作となった「下妻物語」は獄本のばらによる同名マンガをそのままマンガのように実写化したマンガみたいな映画だ。ケレンたっぷりの大仰なキャラ、CGをふんだんに使ったマンガ的な構図といったマンガだから成立する表現を...

フランシス・ハのポスター
フランシス・ハ
投稿: 2014年10月25日
7

モノクロームの27歳

個人的な話だが、女子同士のベタベタした感じが嫌いだ。“わたし達って熟年のレズビアンカップルみたいだよね”と自ら公言するフランシスとソフィのベタベタぶりもそれに当てはまる。どこへ行くのも一緒で男はあくまで“つなぎ”。もちろんノンケだが、互いに“...

怪盗グルーのミニオン危機一発のポスター
怪盗グルーのミニオン危機一発
投稿: 2014年10月25日
6

歌うミニオン

予想と期待を上回る大ヒットを記録した前作に続きメガヒットを飛ばし、さらにはアカデミー賞で念願の長編アニメ賞、主題歌賞の2部門にノミネートされた会心の1本。まだまだアイデア勝負、出たとこ勝負だった脚本に磨きをかけ、オスカーでは「アナと雪の...

物語る私たちのポスター
物語る私たち
投稿: 2014年10月20日
8

父への手紙

透明感ある美しさと研ぎ澄まされた知性で女優のみならず監督としても活躍するサラ・ポーリーが自らの出生の秘密を明らかにするドキュメンタリー映画を撮った。長年、家族の間で繰り返されてきたジョーク“サラだけが家族の誰とも似ていない”は若くして亡く...

バニシング in TURBOのポスター
バニシング in TURBO
投稿: 2014年10月20日
7

僕たちベガスで結婚するの!

屈託がないなァ! 1976年当時「アメリカン・グラフティ」などに出演する青春スターだったロン・ハワードが低予算映画の帝王ロジャー・コーマンの下で撮った監督デビュー作だ。その多様なフィルモグラフィから“名職人監督”と呼びたくなる彼は、何より俳優...

猿の惑星:新世紀(ライジング)のポスター
猿の惑星:新世紀(ライジング)
投稿: 2014年10月14日
10

猿は猿を殺さず

クレバーでスリリング、ハリウッド夏のブロックバスターとして完璧な大ヒット作だ。古典傑作SFの精神はそのままに、フランチャイズ映画を大胆にアレンジして現代に対する批評性を得る事に成功した。戦争やテロが無くならず、エボラ熱の蔓延やファシズムへ...

レイジング・ブルのポスター
レイジング・ブル
投稿: 2014年10月14日
8

“私は盲であったが、今は見えるということです”

マーティン・スコセッシ監督、ロバート・デニーロの黄金コンビによる1980年作。アカデミー賞では作品賞はじめ8部門にノミネートされ、デニーロに主演男優賞がもたらされた。1940年代に活躍した実在のボクシングミドル級チャンピオン、ジェイク・ラモッタ...

甘い81/2の生活

淫らな饗宴、退廃美の歴史を語り継ぐローマの威容…アメリカ人のイタリアコンプレックス、はたまたフェリーニ信奉は今も色濃いのか。往年の名作イタリア映画への軽々しいパスティーシュにアカデミー外国語映画賞が与えられてしまった。本命不在だったとはい...

レビューバランス
  • 1 (21)
  • 2 (8)
  • 3 (13)
  • 4 (28)
  • 5 (50)
  • 6 (55)
  • 7 (74)
  • 8 (70)
  • 9 (51)
  • 10 (59)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

フリークのレビュアーたち

田中 啓一のプロフィール画像

田中 啓一

基本的にはレビューやめました。 雑感中心に書き込みます。ときどきガッツリ取り組みたくなるかもしれませんが、そんなときは、あーこいつコーフンしてんだなーくらいにご笑納ください。

芳賀 健のプロフィール画像

芳賀 健

週刊朝日で連載。総合映画情報サイト オスカーノユクエ管理人。Twitterでせっせと毎日最新映画ニュースを配信中。

川崎 タカオのプロフィール画像

川崎 タカオ

イラストレーターで食ってます。漫画も時々描きます。現在のオールタイム・ベスト・ムービーは『ザ・ミッション 非情の掟』です。邦画では黒沢清監督が好きなんですが新作が中々観られず寂しいですね。