長内那由多

[ 劇作家、俳優、演出家 ]
長内那由多のプロフィール画像
1640 フリーク
フリークポイント
410 作品
レビュー本数
421 作品
鑑賞した映画
93
お気に入りされた数
  • 1 (21)
  • 2 (8)
  • 3 (13)
  • 4 (28)
  • 5 (50)
  • 6 (55)
  • 7 (72)
  • 8 (67)
  • 9 (48)
  • 10 (59)
プロフィール
タマネギ畑が広がる北海道のド田舎で多感な思春期を過ごす。中学2年生で「恋人までのディスタンス」のジュリー・デルピーに恋をする⇒メインの更新は本館ブログへ移行しました。こちらでは劇場公開作についてたまにアップします。
最新レビュー
告白(2010)のポスター
告白(2010)
投稿: 2014年11月18日
9

世にも恐ろしい道徳授業

R15指定の本作は15歳以下の中学生に“大人を騙してでも見ろ”と薦めたくなる危険な魅力に満ちた1本だ。 全国どこにでもありそうな崩壊学級の学年末ホームルーム。そこで担任・松たか子は淡々と身の毛もよだつような事を話始め、クラス全体がその常軌...

アンダー・ザ・スキン 種の捕食のポスター
アンダー・ザ・スキン 種の捕食
投稿: 2014年11月12日
10

地球に落ちてきた女

セリフや説明を排し、ノイジーなスコアと独創的なヴィジュアルに物語を融解させたコンテンポラリーなSF映画だ。スカーレット・ヨハンソン扮する美女エイリアンがスコットランドの街を徘徊し、誘惑した男達を捕食する…と聞けば「スピーシーズ」だなんてB...

嫌われ松子の一生のポスター
嫌われ松子の一生
投稿: 2014年11月12日
6

松子のような人生

東京に長年住んでいると気になる事がある。独り身らしき高齢の女性。人生を謳歌しているという風情もなく、薄汚れた格好で人目を避けるか、もしくは敵意のような眼差しを向けて歩いている。都会の人ごみに紛れるように生きる彼女らのこれまでは波乱万丈だ...

NOのポスター
NO
投稿: 2014年11月05日
6

プロテストのすすめ

1988年、チリで独裁政権への是非を問う国民投票が行われる事になった。軍事クーデターによって権力を掌握し、実に15年間も国民を恐怖政治で支配してきたピノチェト政権が国際世論に押された格好だ。彼らは深夜0時から15分間のみ、政権反対派にキャン...

下妻物語のポスター
下妻物語
投稿: 2014年11月05日
7

“負ける気がしねぇ”

鬼才・中島哲也監督の長編デビュー作となった「下妻物語」は獄本のばらによる同名マンガをそのままマンガのように実写化したマンガみたいな映画だ。ケレンたっぷりの大仰なキャラ、CGをふんだんに使ったマンガ的な構図といったマンガだから成立する表現を...

フランシス・ハのポスター
フランシス・ハ
投稿: 2014年10月25日
7

モノクロームの27歳

個人的な話だが、女子同士のベタベタした感じが嫌いだ。“わたし達って熟年のレズビアンカップルみたいだよね”と自ら公言するフランシスとソフィのベタベタぶりもそれに当てはまる。どこへ行くのも一緒で男はあくまで“つなぎ”。もちろんノンケだが、互いに“...

怪盗グルーのミニオン危機一発のポスター
怪盗グルーのミニオン危機一発
投稿: 2014年10月25日
6

歌うミニオン

予想と期待を上回る大ヒットを記録した前作に続きメガヒットを飛ばし、さらにはアカデミー賞で念願の長編アニメ賞、主題歌賞の2部門にノミネートされた会心の1本。まだまだアイデア勝負、出たとこ勝負だった脚本に磨きをかけ、オスカーでは「アナと雪の...

物語る私たちのポスター
物語る私たち
投稿: 2014年10月20日
8

父への手紙

透明感ある美しさと研ぎ澄まされた知性で女優のみならず監督としても活躍するサラ・ポーリーが自らの出生の秘密を明らかにするドキュメンタリー映画を撮った。長年、家族の間で繰り返されてきたジョーク“サラだけが家族の誰とも似ていない”は若くして亡く...

バニシング in TURBOのポスター
バニシング in TURBO
投稿: 2014年10月20日
7

僕たちベガスで結婚するの!

屈託がないなァ! 1976年当時「アメリカン・グラフティ」などに出演する青春スターだったロン・ハワードが低予算映画の帝王ロジャー・コーマンの下で撮った監督デビュー作だ。その多様なフィルモグラフィから“名職人監督”と呼びたくなる彼は、何より俳優...

猿の惑星:新世紀(ライジング)のポスター
猿の惑星:新世紀(ライジング)
投稿: 2014年10月14日
10

猿は猿を殺さず

クレバーでスリリング、ハリウッド夏のブロックバスターとして完璧な大ヒット作だ。古典傑作SFの精神はそのままに、フランチャイズ映画を大胆にアレンジして現代に対する批評性を得る事に成功した。戦争やテロが無くならず、エボラ熱の蔓延やファシズムへ...

レイジング・ブルのポスター
レイジング・ブル
投稿: 2014年10月14日
8

“私は盲であったが、今は見えるということです”

マーティン・スコセッシ監督、ロバート・デニーロの黄金コンビによる1980年作。アカデミー賞では作品賞はじめ8部門にノミネートされ、デニーロに主演男優賞がもたらされた。1940年代に活躍した実在のボクシングミドル級チャンピオン、ジェイク・ラモッタ...

甘い81/2の生活

淫らな饗宴、退廃美の歴史を語り継ぐローマの威容…アメリカ人のイタリアコンプレックス、はたまたフェリーニ信奉は今も色濃いのか。往年の名作イタリア映画への軽々しいパスティーシュにアカデミー外国語映画賞が与えられてしまった。本命不在だったとはい...

怪盗グルーの月泥棒 3Dのポスター
怪盗グルーの月泥棒 3D
投稿: 2014年10月07日
5

ミニオン!ミニオン!

ピクサー、ドリームワークス、FOXに続く新興アニメスタジオ“イルミネーション”による2010年の大ヒット作。子供が楽しめるスラップスティックな笑いと口当たりの良い温かいメッセージは元より、随所でかまされるナンセンスな笑いが大人も引き付け、笑い転が...

広くて素敵な宇宙じゃないか

遥か彼方の宇宙にはフォースもジョン・ウィリアムズのスコアもないかも知れないが、SONYのウォークマンがあってラズベリーズもランナウェイズも聞けるんだからやっぱり広くて素敵だな! 今年最大のヒット作となったジェームズ・ガン監督のスペースオ...

サンシャイン・クリーニングのポスター
サンシャイン・クリーニング
投稿: 2014年09月28日
3

おくりびとは礼儀正しく

悪口の言いようがない品行方正さが欠点の映画だ。アメリカの片田舎、中産以下の家族が主人公となるのはリーマンショック以後のトレンドだが、エイミー・アダムス扮する主人公は大金欲しさに事件現場清掃のバイトを始める。殺人、自殺で汚染された室内を現...

デンジャラス・バディのポスター
デンジャラス・バディ
投稿: 2014年09月09日
7

あぶないデカ!

サンドラ・ブロック、メリッサ・マッカーシーの2大コメディエンヌ共演という好カードが実現したバディムービー。 超堅物FBI捜査官に扮したサンドラが「デンジャラス・ビューティー」以来持ちネタにしているイタいブス役に四十路ネタまで投入すれば、...

Vフォー・ヴェンデッタのポスター
Vフォー・ヴェンデッタ
投稿: 2014年09月07日
4

革命のススメ

「ウォッチメン」然り、アラン・ムーアのグラフィックノベルが都度“映画化不可能”と言われてきたのは野心的なテーマの周りを美しく魅力的なサブプロットが生い茂っているために、映画という一方向のストーリーテリングでは語り切れなくなってしまうからだ...

シネマとイマージュと

人類史上、度々繰り返されてきた虐殺の最もたる非道さはそれまでの文化を破壊し、跡形もなく消し去ってしまう事だ。1975年、カンボジアに現れた共産主義政権クメール・ルージュは“平等”を旗印に人々を強制労働下におき、思想を統一し、文化を破壊した。労...

ヒックとドラゴンのポスター
ヒックとドラゴン
投稿: 2014年08月22日
10

ジュブナイル・アクション映画の傑作!

【待望の第2作の日本公開が危ういという事で、応援の意味も込めて1作目公開当時のレビューをアップします。本作は全米で2億ドル以上の大ヒットを記録、アカデミー賞では長編アニメ賞、作曲賞(必聴!)でノミネートされました。またアニー賞では最多1...

テルマエ・ロマエのポスター
テルマエ・ロマエ
投稿: 2014年08月16日
1

ぬるま湯映画

古代ローマ時代のテルマエ(公衆浴場)技師が現代日本にタイムスリップし、日本の風呂文化を学ぶ…このワンアイデアだけでも十分に可笑しいヤマザキマリの同名マンガを何の創意工夫もなく映画化した、日本映画界の最底辺を示す超駄作。 観客にアタマ空っぽ...

レビューバランス
  • 1 (21)
  • 2 (8)
  • 3 (13)
  • 4 (28)
  • 5 (50)
  • 6 (55)
  • 7 (72)
  • 8 (67)
  • 9 (48)
  • 10 (59)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
アカデミー賞2017

フリークのレビュアーたち

サトウ ムツオのプロフィール画像

サトウ ムツオ

ライター/エディター/ムービーバフ(映画狂)。責任編集のムック『007 Complete Guide ジェームズ・ボンドはお好き?』(マガジンハウス刊、1,500円)が11月30日発売。好きな監督は、クリント・イーストウッド(神)、マーティン・スコセッシ(神)。

Azumi Miyajiのプロフィール画像

Azumi Miyaji

エンタメ度高めな映画が好きです。アガれるか否かで評価する傾向有り。ドニーさん映画に甘い。ドニーさんが好き。

Daisuke O-okaのプロフィール画像

Daisuke O-oka

某メディア企業で取材・出稿を伴うVTRディレクターをやってます。映画製作ビジネスの経験有り。そのうち何かやってやろうとユルく模索中。映画以外では、スノーボードや自転車ほかアウトドア全般、マンガに読書、クルマ、ねこ、これからの社会の動きなど、興味は全方位。よろしくです。