茅野 布美恵Freak

[ 会社員 ]
茅野 布美恵のプロフィール画像
1385 フリーク
フリークポイント
132 作品
レビュー本数
351 作品
鑑賞した映画
148
お気に入りされた数
  • 3 (3)
  • 4 (11)
  • 5 (38)
  • 6 (57)
  • 7 (117)
  • 8 (97)
  • 9 (23)
  • 10 (5)
プロフィール
地方誌の編集者。映画は、ノンジャンルで鑑賞。基本的には、劇場で愉しむ主義です。その作品を観ないとわからないレビューになる傾向あり。情けない男が出てくる映画や、青春ものが好物。マイケルホリック(Michaelholic=マイケルホール心酔者)にして、パトリック(デンプシー)教徒。
最新レビュー
17歳のエンディングノートのポスター
17歳のエンディングノート
投稿: 2013年05月12日
7

邦題で引くべからず。

タイトルを見た瞬間、どうしてもノレなかった「死ぬまでにしたい10のこと」が脳裏をよぎった。 そんな「どうせ…」的な姿勢で観たのがよかったのか、思った以上に「大人の映画」だった。 余命わずかと宣告された17歳のテッサが、「いかに生きる」かをも...

ウィ・アンド・アイのポスター
ウィ・アンド・アイ
投稿: 2013年05月12日
8

「ウィ」でいることで失ってゆく「アイ」を取り戻す。

「桐島、部活やめるってよ」に触れないでレビューを書く努力をしてみたけど、無理だった。 本作は、「桐島~」よりも、タイトルもセリフもエピソードも、とてもストレートに描かれている。 これが、3年にも及ぶ取材を基にしたセミ・ドキュメンタリー・...

藁の楯 わらのたてのポスター
藁の楯 わらのたて
投稿: 2013年05月10日
4

雑。

冒頭、「殺人の追憶」を思わせるようなショット。 犯人の清丸を殺せば10億円という告知に、誰も信じられなくなる異常な状況。 警察が? 機動隊が? 看護師のおばさん、お前もか!? 高速で逆走するタンカーに向かって銃口を向けるバックショット、その...

リンカーンのポスター
リンカーン
投稿: 2013年05月03日
10

観れば、わかる。

光射す窓辺のシーン、 奔走するロビイストたち、 トミー・リー・ジョーンズが事実と真実に満たされる寝室…。 スピルバーグだからこそ、デイ・ルイスが輝けたことが、 わかる、観れば。 減点の要素が、今は見つからない。

ジャンゴ 繋がれざる者のポスター
ジャンゴ 繋がれざる者
投稿: 2013年04月15日
7

新作にして、「発掘良品」の佇まい。

半端ない血と銃撃、正気を逸した惨殺シーン。 だけど、どこまでもクールでカッチョイイ。 笑いがこらえきれない残酷シーンも、健在。 「タランティーノは、こうじゃなきゃ」との期待は裏切られない。 ただ、これまでの「オマージュをちりばめ抜いた...

女性が輝く理由は、醜くもキュートなり。

よくあるバチェラー・パーティものの女性版って、男性のそれを超えられない思ってた。 でも本作には、女性ならではのアレコレが根底に流れてて、なんだか否定できない仕上がりに。 邦題から、「あの子」のヒエラルキー下層っぷりがいじられまくるのか...

千年の愉楽のポスター
千年の愉楽
投稿: 2013年03月18日
6

描いているのは「性(さが)」ではなく、人間。

これまでの若松作品よりも、ずいぶんと優しいまなざしで描かれた一作。 優しいけれど、伝わるものに弱さはない。 女で身を滅ぼす血を継いだ男たちと、その顛末を何代にもわたって見守り続けた産婆。 いく度となく映し出される港町の風景。 脈々と続...

世界にひとつのプレイブックのポスター
世界にひとつのプレイブック
投稿: 2013年03月11日
8

「恋しくて」

これまで映画を観てきてよかったと思えた。 この映画は、私にとっては「恋しくて」であり、「シャイなラブレター」であり、「ダーティ・ダンシング」であり、「パンチドランク・ラブ」なのだ。 愛すべき意地っ張りたちが、素直になろうと立ち続けるた...

アルゴのポスター
アルゴ
投稿: 2013年03月06日
8

もしも、ああなったら、ああでありたい。

ここ最近、突飛な設定とドラマとのバランスに違和感を感じる作品について、何度か思うことがあった。 本作もまた、「まるで映画のような実話」がベース。 でも、もしや、もしや…という私の懸念は、完全に払拭された。 フックとなっていた「実話の意外...

横道世之介のポスター
横道世之介
投稿: 2013年02月24日
8

理屈じゃないのよ。

アイプチやら、斉藤由貴のポスターやら、とさかソバージュやらが映し出され、まさにその時代に大学生だった自分を酔わせてくれる。 けれど、これは単なる懐古映画ではない。 それが、本作が2時間40分を超えている理由。 観客が横道世之介を知り、彼のな...

砂漠でサーモン・フィッシングのポスター
砂漠でサーモン・フィッシング
投稿: 2013年02月24日
8

正気と未来のための「今」の映画。

砂漠で釣り? 意表をつく設定に、期待とともに薄っぺらい着地を懸念していたのが正直なところ。 一見、よくある恋愛を絡めた自分再生の話にも見える。 でも、そのライトに描いた向こうに、実は普遍のテーマが隠されているように思えた。 アラブの大...

脳男のポスター
脳男
投稿: 2013年02月18日
5

原作を読まないとノレない映画は、やっぱりキビしいっす。(覚え書き)

残念ながら、結果的に予告編がピークだった。 はしょられるとキビしいところがはしょられて。 にもかかわらず、テンポはのらりくらり。 登場人物の設定をほぼセリフにねじ込んでいるうえに、それが実に説明的で、あまりに順番的で、前のめりに頭に入...

ミロクローゼのポスター
ミロクローゼ
投稿: 2013年02月10日
8

「撮りたい!」で勝負!

興行のリスクを冒せない映画業界では、原作ものの比率が右肩上がり。 そこを、あえてオリジナルで勝負をかけてくれた一作。 石橋ワールドを堪能したい人のみならず、「魅せる映画」に渇望している人は、出会っておいたほうがいい。 これまでの石橋作...

ふがいない僕は空を見たのポスター
ふがいない僕は空を見た
投稿: 2013年02月10日
8

生きることは、消えない理由を探すこと。

人は、生きている限り「恥ずかしさ」と闘わなければならない。 恥ずかしさを感じるとき、大なり小なり「消えてしまいたい」と思う。 でもその都度、「消えてはいけない理由」「消えたくない理由」「消えてほしくないと思ってくれる人」を必死で探す。 ...

アルマジロのポスター
アルマジロ
投稿: 2013年02月03日
7

戦場は、そこにある。

「戦場」が生む影響。 戦場は人を変え、価値観を変え…。 間違いなく「特殊」な環境であり、本作でも戦地に赴任した若者たちの変化をリアルに映し出している。 ただ、私はこの映画を観て「戦場だけではない」と感じた。 「特殊な環境にいる自分たちは...

R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私のポスター
R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私
投稿: 2013年02月02日
6

甘噛みならぬ、甘縛り感覚で楽しめました!

ライトに楽しめました。 全体的な作りは荒い感じでしたが、 「縛っても痛くない」とか 「縛った跡は、半日くらいで消える」といったリアルな知識や、登場人物のトラウマも含め、ストーリーに破綻がなく、安心して自縛シーンを楽しめます。 主演の平...

その夜の侍のポスター
その夜の侍
投稿: 2013年02月02日
5

パーツパーツが、流れてこなかった。

なんとも、残尿感が残る作品だった。 それは、薄ら寒さとか、やりきれなさといった感情ではなく、消化不良に近い。 監督が「人間、そんなに簡単じゃない」と言っているラストを、「希望の光が見えた」と評しているレビューも多いのは、なぜ? 交通事...

アルバート氏の人生のポスター
アルバート氏の人生
投稿: 2013年01月27日
9

全身でアルバート氏の幸せを願った2時間。

こんなに、ハラハラした映画は久しぶりかもしれない。 幼くして貧困と暴行にさらされ、14歳で女性を封印し男として生きることを決めたアルバート。 生き抜くことが彼の「幸せ」と定義づけられ、彼自身それを疑うことなく、純粋に真面目に日々を送る。 ...

さよならドビュッシーのポスター
さよならドビュッシー
投稿: 2013年01月27日
8

ミステリーに引きずられない、美しきもの。

久々の利重剛監督は、記憶の奥に眠っていた「幼い頃に憧れていた美しさ」のようなものを呼び起こしてくれた。 橋本愛演じるピアニストを目指す少女の姿が、その数奇な運命とともに描かれる。 物語の中心となりうるピアノ演奏が、出し惜しみも無駄遣い...

LOOPER ルーパーのポスター
LOOPER ルーパー
投稿: 2013年01月24日
5

もっとやることあったでしょ?

今回は、かなりバッサリいかせていただきます。 30年後からタイムマシンで送られてくる組織の人間を消しまくる。 ある時、30年後の自分が送り込まれ…。 おもしろいじゃないですか! 冒頭の、時間通り送られてきたターゲットを間髪入れず射殺するシー...

レビューバランス
  • 1 (0)
  • 2 (0)
  • 3 (3)
  • 4 (11)
  • 5 (38)
  • 6 (57)
  • 7 (117)
  • 8 (97)
  • 9 (23)
  • 10 (5)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

フリークのレビュアーたち

古泉 智浩のプロフィール画像

古泉 智浩

こんにちは、新潟在住のマンガ家の古泉智浩です。東京にもアパートを借りているんですが、テレビが無いに等しいので上京中は映画ばっかり見ています。新潟では映画館とWOWOWでよく見ます。

田中 啓一のプロフィール画像

田中 啓一

基本的にはレビューやめました。 雑感中心に書き込みます。ときどきガッツリ取り組みたくなるかもしれませんが、そんなときは、あーこいつコーフンしてんだなーくらいにご笑納ください。

Daisuke O-okaのプロフィール画像

Daisuke O-oka

某メディア企業で取材・出稿を伴うVTRディレクターをやってます。映画製作ビジネスの経験有り。そのうち何かやってやろうとユルく模索中。映画以外では、スノーボードや自転車ほかアウトドア全般、マンガに読書、クルマ、ねこ、これからの社会の動きなど、興味は全方位。よろしくです。