茅野 布美恵Freak

[ 会社員 ]
茅野 布美恵のプロフィール画像
1385 フリーク
フリークポイント
132 作品
レビュー本数
351 作品
鑑賞した映画
148
お気に入りされた数
  • 3 (3)
  • 4 (11)
  • 5 (38)
  • 6 (57)
  • 7 (117)
  • 8 (97)
  • 9 (23)
  • 10 (5)
プロフィール
地方誌の編集者。映画は、ノンジャンルで鑑賞。基本的には、劇場で愉しむ主義です。その作品を観ないとわからないレビューになる傾向あり。情けない男が出てくる映画や、青春ものが好物。マイケルホリック(Michaelholic=マイケルホール心酔者)にして、パトリック(デンプシー)教徒。
最新レビュー
ラッシュ プライドと友情のポスター
ラッシュ プライドと友情
投稿: 2014年02月10日
9

作用する人と人と…その連鎖を信じたくなる。

人を奮い起たせるのも人。 このシンプルな影響が、まったく違うキャラクターの2人に作用していることに「事実と映画の奇跡」を感じる。 自分と真逆、しかも理解しがたい相手。だけど、尊敬することを止められない。 そんな出会い、そのものにかき乱され...

セレステ∞ジェシーのポスター
セレステ∞ジェシー
投稿: 2014年01月15日
8

バランスの維持と喪失。

バランスを欠いた瞬間に、心はかき乱される。 この映画には、そんなシーンがいくつかちりばめられている。 恋愛に、「正しさ」は必ずしも重要じゃない。 それに執着しすぎると、本当に欲しいものを失うこともある。 けれど、その「正しさ」をも丸ご...

楽隊のうさぎのポスター
楽隊のうさぎ
投稿: 2014年01月11日
6

中学生が奏でる切なさ(覚え書き)

好きなシーンがあった。 吹奏楽部の管楽器パートのリーダーが、「青をイメージしてください。そのイメージで切ない音を出して」と指示する。 中学生が、彼らの経験とイメージから「切なさ」を音で表現しようとするシーン。 その姿と響きは、胸に迫った。

ウォールフラワーのポスター
ウォールフラワー
投稿: 2014年01月11日
8

足りてなさが、愛おしい。

まったく、私はいつまで、この手の映画にもってかれるんだ。 ローガン・ラーマンとエマ・ワトソンのキスは、「恋しくて」のワッツに迫る切なさ。 エズラ・ミラーが踏みにじられた愛は、「モーリス」に迫るダメージ。 ローガン・ラーマンが抱えた傷は...

ゼロ・グラビティのポスター
ゼロ・グラビティ
投稿: 2013年12月11日
8

【プレ・レビュー】三半規管で捕まえて。

私はまだ、映画における3Dの魅力を感じたことがない。 というよりも、数作しか観ていない。 被写界深度は、自分の想像力で決めさせてくれ!と思ってしまう。 おまけに私は、車酔いしやすい。 小学校の遠足では、ゲロ袋を固く握りうつろな目で遠方凝視...

かぐや姫の物語のポスター
かぐや姫の物語
投稿: 2013年11月29日
8

もぎ取られる痛み、忘れる無念。そこにあるのは…。

かぐや姫は、ひどい。 月へ帰ろうとする終盤、記憶を消す衣をまとわんとする姫に、かかさまが最初で最後のお願いをする。 ここで、涙腺も理性も決壊。 もはや、わが身の一部となっていた姫をもぎ取られる親。 しかも、子どものいない人生をまっと...

ばしゃ馬さんとビッグマウスのポスター
ばしゃ馬さんとビッグマウス
投稿: 2013年11月02日
7

「やめるのは、いつでもできる」なんて、ウソ。

抱いてしまった夢は、どうやったら諦められるの? この映画は、「なんか違う…」と気づいていながらガムシャラに頑張って、それでも報われない経験をしたことがある人にはきっと響く。 夢に近づくこと。 これは、もしかしたら何十年前よりも今のほう...

人類資金のポスター
人類資金
投稿: 2013年10月25日
7

「根深き世界の膠着」は壊せるのか?

才能は、あらゆるところに存在する。 限られた世界で「もうだめだ」と嘆いているのは、ナンセンスだ。 この映画は、そう教えてくれているんだと思う。 「数字としての金融」がいかに狭い世界で行われ、それが「全世界」かのように信じ込まれている...

クロニクルのポスター
クロニクル
投稿: 2013年10月25日
8

カメラを置くチャンス

この映画を観てから、もう数週間経っているけど、ずっと考えている。 アンドリューは、なぜビデオで映像を残そうとしたのか…。 きっとそれは、「ひとりで背負うもの」が彼の心のキャパを超えてしまったからじゃないだろうか。 誰とも共有できないから...

ヴァンパイアのポスター
ヴァンパイア
投稿: 2013年10月21日
6

魂のおはなし

岩井俊二作品には、好きな作品と苦手な作品が混在する。 本作は、ゆっくりと引き込まれた。 自殺志願者のサイトで集まった若者たちの失望感と映像の不穏な空気感が映画を美しく支配し、追い詰められた彼らの「事情の詳しく」は描かれずとも語られてい...

地獄でなぜ悪いのポスター
地獄でなぜ悪い
投稿: 2013年10月02日
8

50男が10代のスピリッツで描き倒す警告ムービー。

宮崎駿は『風立ぬ』で、「僕らはこれから死んでいくからいいけど、これから生きていく君たち、このままで本当に大丈夫?」と優しく、その実、過激に問いかけた。 そして、園子温は本作で同じメッセージを放っている。「お前ら、ほんとにそれでいいのか!...

そして父になるのポスター
そして父になる
投稿: 2013年09月30日
6

どうにも飲み込めない(鑑賞翌日現在)

どう飲み込んだら…。 さまざまな疑問をまといながら観つづけた2時間ちょい。 一番大きな疑問に、まだ答えが出ない。 「赤ちゃん取り違え」を是枝監督の体を通して描いたらこうなった、と言われたらひと言もない。 だけど、観る側からしたら、設定が...

風立ちぬのポスター
風立ちぬ
投稿: 2013年08月02日
8

信じること、愛することを、肌で感じなさい。

私は、ジブリ・ファンではない。 本作の予告を観た時も、「ジーンとくるのは、ユーミンの歌のせいだ」と思ってたし。 でも、この映画の評価が高い理由がわかった気がする。 というか、感じられた気がする。 夢を信じることを許しなさい。 愛する...

嘆きのピエタのポスター
嘆きのピエタ
投稿: 2013年07月30日
7

母性が完遂する復讐と救い。

大学時代「技術」を専攻していたので、工作機械が映ると、その危険に緊張が走る…。 借金を取り立てるために、負債者を障害者にしてその保険金を要求する男。 その行為、まさに工作機械のごとくルーチンワーク。 彼には何かが欠けている、のが観客にジワ...

箱入り息子の恋のポスター
箱入り息子の恋
投稿: 2013年07月14日
7

満身創痍の男の純情

「恋ができない」と長く思っている男女は、観るとよい。 恋愛経験のない35歳の公務員・健太郎。 生き物との交流は、今も同居中の両親と自室で飼うカエルのみの毎日。 そんな彼が恋した相手は、目の見えない女性・奈緒子。 冒頭、健太郎の心は死んだ...

天使の分け前のポスター
天使の分け前
投稿: 2013年06月25日
8

「リセットではないスタート」の創出。

「人生、やり直したい」。 そんな逃げ出せない状況で、人が選びやすいのは逃避、諦め…。 しかも、それが「あるべき決断」とみなされることもある。 「あ~ぁ、リセットしてぇ」。 それまでの自分を切り捨てなければ先に進めないことがデフォルト。 ...

はじまりのみちのポスター
はじまりのみち
投稿: 2013年06月16日
9

「はじまり」を求める人たちへ。

映画が終わって劇場の照明が点くまでが早すぎた。 涙と鼻水が止まるどころか、出続けて…。 意志を持つすべての人の心に届く誠実な映画。 「撮りたい映画が撮れない」状況下、厳しい縛りのなかで「自分の刻印」を残し伝えようとする木下恵介監督。 そ...

華麗なるギャツビーのポスター
華麗なるギャツビー
投稿: 2013年06月16日
8

ディカプリオじゃなきゃ!

「もうだめだ、女は信じられない」 これは、失恋をこじらせた男の映画「ベルフラワー」の素晴らしきコピー。 そして、バズ・ラーマンが放つ「華麗なるギャツビー」は、「華麗なる男の失恋映画」だ。 「ロミオ×ジュリエット」の世界観を期待して臨んだ...

少年は残酷な弓を射るのポスター
少年は残酷な弓を射る
投稿: 2013年06月10日
8

これは、出産までの物語。

冒頭。トマトにまみれて困惑したまま担ぎ上げられるティルダ・スウィントン。 本作は全編において、「血を思わせる赤」に彩られる。 そのほとんどは、息子・ケヴィンから発信される恐怖と強くリンクする。 が、この冒頭の血は、母・エヴァが生れるシー...

中学生円山のポスター
中学生円山
投稿: 2013年05月19日
7

思春期系お仕置きムービー

出たー、お仕置きムービー。 「シリアル・ママ」 「小森生活向上委員会」ときて、 「中学生円山」 本作の映画の注目すべきは、主役をお仕置き人ではなく中2の男子にしているところ。 彼を介在させることによって、観客を真のテーマへとスムーズに導...

レビューバランス
  • 1 (0)
  • 2 (0)
  • 3 (3)
  • 4 (11)
  • 5 (38)
  • 6 (57)
  • 7 (117)
  • 8 (97)
  • 9 (23)
  • 10 (5)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

フリークのレビュアーたち

小口 心平のプロフィール画像

小口 心平

映画宣伝プロデューサーであり、毎週必ず劇場で新作を観る、いち映画ファン。

Azumi Miyajiのプロフィール画像

Azumi Miyaji

エンタメ度高めな映画が好きです。アガれるか否かで評価する傾向有り。ドニーさん映画に甘い。ドニーさんが好き。

Daisuke O-okaのプロフィール画像

Daisuke O-oka

某メディア企業で取材・出稿を伴うVTRディレクターをやってます。映画製作ビジネスの経験有り。そのうち何かやってやろうとユルく模索中。映画以外では、スノーボードや自転車ほかアウトドア全般、マンガに読書、クルマ、ねこ、これからの社会の動きなど、興味は全方位。よろしくです。