完山 京洪Freak

[ 映画人 ]
完山 京洪のプロフィール画像
1013 フリーク
フリークポイント
168 作品
レビュー本数
170 作品
鑑賞した映画
95
お気に入りされた数
  • 2 (4)
  • 3 (4)
  • 4 (1)
  • 5 (12)
  • 6 (20)
  • 7 (31)
  • 8 (36)
  • 9 (39)
  • 10 (23)
プロフィール
監督/脚本/俳優/製作。Vesuvius LLC. Japan 代表。 監督作「シーソー seesaw」「救命士」「Make My Day」
最新レビュー
円卓 こっこ、ひと夏のイマジンのポスター
円卓 こっこ、ひと夏のイマジン
投稿: 2014年07月07日
8

芦田愛菜の艶

過去名子役と呼ばれた方々を凌駕するほどの 圧倒的な魅力を今作で観る事ができます。 彼女にとっても代表作の一つになったのではないでしょうか。 今までの女性子役にはなかった艶があって、 もうとっくに彼女は、子役ではない事を知る。 (大きなお...

オールド・ボーイのポスター
オールド・ボーイ
投稿: 2014年07月04日
6

巨匠にしては意外

パク・チャヌク版を驚くほどリスペクトしている。 似ている所が多くてビックリした。 韓国版が好きな僕にとっては、 「どこを変えればアメリカの観客に受け入れられるのか」 のほぼ一点のみに絞って観ていたんだけど、 アメリカのキリスト教価値...

スイートプールサイドのポスター
スイートプールサイド
投稿: 2014年06月28日
9

良い。

素朴な印象を与える主演の二人が、 松田翔太の時には透ける「狙ってる感」が無くて すげえ笑えた。キャスティングずばり。 「毛を剃る」ってだけで確かにしっかり映画になる。 40分くらいで全部遣り尽くした感はあったけど笑 最後まで(多少強引な...

渇き。のポスター
渇き。
投稿: 2014年06月28日
10

満たされる

中島監督はずば抜けてキャスティングが良い。 新人には新鮮な輝きをベテランには新しい魅力を必ず吹き込む。 (ちなみに役者に厳しいとよく言われているそうですが、 過去の作品を並べてみると、そりゃ松子が一番厳しくなるだろ、と思う訳です) 今...

ホドロフスキーのDUNEのポスター
ホドロフスキーのDUNE
投稿: 2014年06月20日
10

傑作

こういう頭のオカシイ芸術家に影響された結果 僕は今ここにいることを改めて思い知る。 今でも嬉々として当時の事を鮮明に話すホドロフスキー。 沢山笑った。 こういうこだわりから、酷く苦労している天才を知っているが、 ホドロフスキーはアニ...

グランド・ブダペスト・ホテルのポスター
グランド・ブダペスト・ホテル
投稿: 2014年06月20日
9

会心

「ロイヤル・テネンバウムズ」以来の傑作だと思う。

二郎は鮨の夢を見るのポスター
二郎は鮨の夢を見る
投稿: 2014年06月13日
9

なぜか誇らしくなる

こういう職人が作るモノを食べる事が出来る 日本に生まれた事に、そんな機会がある事に、 職人が生きている事に。 日本特有の職人世界を 鮨というワールドワイドになった食べ物で シンプルに視覚を刺激し続けながら 分かりやすく伝えた事が この...

セッションズのポスター
セッションズ
投稿: 2014年06月12日
9

Be Romantic.

こんな風に障がい者の性を宗教と絡め、 さらにエンターテイメントへ昇華させた 製作陣の素晴らしさと、社会の成熟度が 素直に羨ましかった。 ジョン・ホークはもちろん ヘレン・ハントは相変わらず素晴らしく、 ウィリアム・H・メイシーも脇も皆良...

罪の手ざわりのポスター
罪の手ざわり
投稿: 2014年06月10日
8

とはいえ、この映画もこの国を映す鏡の一つか

今の中国の社会の絶望的な格差が垣間見える。 弱者の我慢の限界点、その境目を4つのエピソードで 描いていて相変わらず積み重ねと省略のバランスが巧い。 かの国を昔のこの国の姿と重ね合わせる人は多いが 実はとっくに抜かれていて、さらにこの...

六月燈の三姉妹のポスター
六月燈の三姉妹
投稿: 2014年06月02日
7

ご当地映画のお手本。

キャスティング、ストーリー、演出、ターゲット層、全てが その見本のようなクオリティ。 佐々部清監督素晴らしい。 これはご当地の人々も喜ぶでしょう。 津田寛治さん最高でした。

チチを撮りにのポスター
チチを撮りに
投稿: 2014年05月30日
8

劇場上映最終回(らしい)

「チチを撮りに」監督と出演者三人のアフタートーク付きを鑑賞。 キャストら含め作り手側の愛も伝わる。 結果と共にそういうのも膨らんでいくよね。 アフタートークのQ&Aで 「この作品は皆様にとってどういうポジションを占めているか」 を訊きまし...

親近感

カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作。 最高峰とも言われるその祭典でこの作品が評価されたのは、 そこにいた数少ない一流のアーティストが、 名も無き数多のアーティストに支えられている、とでも言うような ただひたすら純粋に芸術を追い求める過去...

ブルージャスミンのポスター
ブルージャスミン
投稿: 2014年05月13日
10

第86回アカデミー賞主演女優賞受賞作品

あの怪物のような『8月の家族たち』のメリル・ストリープを 抑えてアカデミー主演女優賞を受賞した ケイト・ブランシェット主演『ブルージャスミン』 あっちは笑ってしまうくらい怪演という感じだったんだけど、 こっちはもっとソリッドで映像的...

アクト・オブ・キリングのポスター
アクト・オブ・キリング
投稿: 2014年05月02日
10

これはヤバい

マジで色々ヤバい。 プルマン(ヤクザ・ギャング)達を追っている点でまずヤバいが、 彼らが虐殺の時代を嬉々として語り、 それを映画化として再現するという構成もヤバい。 そして彼らが栄光の過去を語る序盤、 あまりに自分の価値観と剥離しすぎて...

8月の家族たちのポスター
8月の家族たち
投稿: 2014年05月02日
7

舞台並みに白熱する役者の演技合戦

舞台っぽいなあと思ってみてたら戯曲の映画化だった。 芸達者な名優たちのアンサンブル演技を堪能できます。 なので俳優好きな人(ボク)には満足な作品。 ダーモット・マルロニーとジュリエット・ルイスのカップルを 観たときはそれだけで嬉しく...

ある過去の行方のポスター
ある過去の行方
投稿: 2014年05月02日
9

ラストシーンの感じ方

前回に続き人物造形が見事。巧い。 誰も良い人で終わらない。 責任転嫁と勘違いや思い込みに面倒くさい正義感を混ぜて 今回もシンプルな日常の中で複雑な人間関係を積み重ねて ゆっくりとサスペンスフルに浮かび上がらせる。 ヨーロッパの縮図と...

ワールド・ウォー Zのポスター
ワールド・ウォー Z
投稿: 2014年04月21日
6

ジャンル映画としてのゾンビ映画の価値を逆に再確認。

この作品を観るとブラピが仕事のスタンスを 俳優よりもプロデューサーの方へ重きを置いているのが 非常に良く分かる(『それでも夜は明ける』もそう )。 そしてそういう立ち位置から、俳優としての自分を利用している感じ。 以前のような役者にぶ...

レビューバランス
  • 1 (0)
  • 2 (4)
  • 3 (4)
  • 4 (1)
  • 5 (12)
  • 6 (20)
  • 7 (31)
  • 8 (36)
  • 9 (39)
  • 10 (23)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

フリークのレビュアーたち

芳賀 健のプロフィール画像

芳賀 健

週刊朝日で連載。総合映画情報サイト オスカーノユクエ管理人。Twitterでせっせと毎日最新映画ニュースを配信中。

田中 啓一のプロフィール画像

田中 啓一

基本的にはレビューやめました。 雑感中心に書き込みます。ときどきガッツリ取り組みたくなるかもしれませんが、そんなときは、あーこいつコーフンしてんだなーくらいにご笑納ください。

サトウ ムツオのプロフィール画像

サトウ ムツオ

ライター/エディター/ムービーバフ(映画狂)。責任編集のムック『007 Complete Guide ジェームズ・ボンドはお好き?』(マガジンハウス刊、1,500円)が11月30日発売。好きな監督は、クリント・イーストウッド(神)、マーティン・スコセッシ(神)。