高野 夏

[ 映画ライター ]
高野 夏のプロフィール画像
388 フリーク
フリークポイント
58 作品
レビュー本数
62 作品
鑑賞した映画
29
お気に入りされた数
  • 3 (1)
  • 4 (3)
  • 5 (3)
  • 6 (5)
  • 7 (12)
  • 8 (24)
  • 9 (7)
  • 10 (7)
プロフィール
おかしな小品に限りなく心をひかれます。
最新レビュー
君が生きた証のポスター
君が生きた証
投稿: 2015年02月20日
10

歌え!中年ギタリスト!

死んだ息子が作っていた歌を父が歌い継ぐ。 骨格はそれだけの話にこれだけ熱くなるのは、楽曲の説得力とバンドを組むことの喜びがスクリーンから溢れてくるから。 やり手の広告マン、サム(ビリー・クラダップ)は、一人息子のジョシュを亡くす。会社を...

フォックスキャッチャーのポスター
フォックスキャッチャー
投稿: 2015年02月20日
8

ホラーより不穏

135分間、不穏な空気が持続する。人によっては不快とすら思うであろう緊張感は、徹底的な音のコントロールによる。 開巻、人形を相手に黙々とレスリングの技をかけ続けるマーク(チャニング・テイタム)。セリフはない。靴が床をするキュッキュッとい...

さらば、愛の言葉よのポスター
さらば、愛の言葉よ
投稿: 2015年02月16日
8

死ぬまで前衛の覚悟がビシビシ

デジタルや3D技術の発達、ドキュメンタリーのドラマへの越境で、どんどん現実に近づく映画。臨場感ばかりを追及してきたこの世界に巨匠ゴダールがとんでもないアイロニーを持ち込んだ。 まず、3Dが徹底して作為的なのだ。デジタルカメラでクリアに切り...

1ミリもエロくない

マミー・ポルノの金字塔、映画化!と聞いて、とりあえず観に行きましたが、まったくエロくねー(笑) 敗因その1は、イギリス人作家の原作を、アメリカに舞台を移し、オープンエアでプラグマティックな国民性そのままに映画化したこと。ボンデージSMの...

ラスト・デイズ・オン・マーズのポスター
ラスト・デイズ・オン・マーズ
投稿: 2014年11月30日
8

インターステラーの100倍面白いぜ

英国・アイルランド製作のSFもの、と聞いただけで、「月に囚われた男」ファンの私は速攻劇場に来てしまいました。 大当たり。あの話題作「インターステラー」の100倍面白かった。監督は新鋭のアイリ・ロビンソン。 まず、冒頭。火星の茶色い空をバッ...

0.5ミリのポスター
0.5ミリ
投稿: 2014年11月29日
8

真空の演説に真実を宿らせた7分間

196分という長さに怖じ気づくなかれ。この長さがなければ語れない物語にどこまでも酔うがよい。 予告編では、安藤サクラ演じるサワが、じいちゃんの性欲処理もする介護ヘルパーとして、あっちの家庭こっちの家庭に入り込んで、遺産をいただくという話...

シャトーブリアンからの手紙のポスター
シャトーブリアンからの手紙
投稿: 2014年11月16日
7

記憶の書き換えに抗う巨匠

先日、内田樹氏の「街場の戦争論」で、仏ヴィシー政権のナチス協力の歴史と、それをなかったものにしたい新しい国粋主義の相克は知ったつもりでいたが、この映画もまさに「純粋な戦勝国足り得ないフランス」の「同胞殺しのナチ協力」を描いていて、息詰ま...

ザ・テノール 真実の物語のポスター
ザ・テノール 真実の物語
投稿: 2014年11月10日
6

北乃きいをなんとかしてください。

韓国人テノール歌手、べ・チェチョルが、甲状腺がんの手術で声帯を損傷し、日本人プロモーターとの友情に支えられて再び舞台に立つまでの実話を、ユ・ジテ、伊勢谷友介のW主演で映画化。 歌えることが当たり前だった人が、歌えなくなって初めて、自分は何...

嗤う分身のポスター
嗤う分身
投稿: 2014年11月10日
8

手動入力コンピューターに萌え

自分そっくりの人間が現れて、じわじわと生活を浸食していく。このシチュエーション、今年は「複製された男」に次いで2作目。どっちも、短い尺(90分)の中で、どんどん主人公を追い込んでいく緊張感あふれる演出が見どころだが、本作はそれに加えて、...

皮突き破っちゃって、舌入れちゃってください(笑)

このタイトルで「虚実皮膜を破った」というと、やらしい方向に想像が働くが、まあ、言葉通りにとってくなんしょ。 テレビの同名バラエティの設定そのままに始まる。劇団ひとりがセクシータレントからキスをしかけられて、アドリブでどこまでかわせるか、...

ウィークエンドはパリでのポスター
ウィークエンドはパリで
投稿: 2014年10月24日
6

老年期うつを超えて夫婦は続くか?

英国人夫婦が結婚30年記念に週末をパリで過ごすことになる。 「ノッテイングヒルの恋人」のロジャー・ミッシェル監督が描く、老齢期に見つめ直す夫婦関係ーーというコピーがついていたら、浮気の古傷をちょっとえぐってけんかをしながらも、伴侶はこの人...

悪童日記のポスター
悪童日記
投稿: 2014年10月05日
8

もも肉はいらんかね?

1944年8月、ナチスドイツ占領下のハンガリーで、双子の少年は国境近くにある母方の祖母の家に疎開させられる。過酷な状況を生き抜くために、互いを殴って鍛え合い、虫や動物を殺して記録をつける。 ってどんだけ陰惨な話なんだと思いきや、おもっく...

フランシス・ハのポスター
フランシス・ハ
投稿: 2014年10月05日
8

Undatableじゃなくて、せめてUndatingと言ってよ!

副題が「ハンパな私で生きていく」。ノア・バームバック監督が得意とする、ダメな人たちのダルな日常。 NYに暮らすモダンダンサー(ただし研修生)のフランシス(グレタ・ガーウィグ)は、大学時代の同級生で駆け出し編集者のソフィー(ミッキー・サムナ...

6才のボクが、大人になるまで。のポスター
6才のボクが、大人になるまで。
投稿: 2014年10月05日
8

ダメンズ母が、ひとりになるまで。

壮大な賭け。6歳の男の子メイソン(エラー・コルトレーン)の12年間を、両親、姉役をそのままに追った、セミドキュメンタリーのようなつくり。 賭けというのは、6歳男子ってまだどうなるかわからない存在だから。映画ではたまたま、ロック好きでカメラマ...

なんとかしてよお、ドラえもーん

ドラえもんのひみつ道具で一番使い勝手があるのは「タイムマシン」だ。そう、これは英国版「ドラえもん」。観ている間中、主人公のティム(ドーナル・グリーソン)がのび太に見えてしょうがなかった。「しずかちゃんに嫌われた-。やり直したいんだ。なん...

リスボンに誘われてのポスター
リスボンに誘われて
投稿: 2014年09月27日
8

Rolling Stoneが暴くポルトガル近代史

タイトルとポスターから、初老の欧州人が、旅先で恋に落ちる最近よくある手の映画かと思って舐めてました。ごめんなさい。 ポルトガル近代の独裁とレジスタンスを、異国から来た男を探偵役として語る政治史ミステリー。サラザールという名前ぐらいしか知...

So Young 過ぎ去りし青春に捧ぐのポスター
So Young 過ぎ去りし青春に捧ぐ
投稿: 2014年09月27日
7

「あの男でいいの?」

女子寮、カオス!パラダイス! 中国の大学が舞台の青春もの。「少林サッカー」のヒロイン、ヴィッキー・チャオが北京電影学院の卒業制作として初監督した。 強引で自信家で、半面素直で傷つきやすい、アンビバレントなヒロイン(ヤン・ズーシャン)の造...

レビューバランス
  • 1 (0)
  • 2 (0)
  • 3 (1)
  • 4 (3)
  • 5 (3)
  • 6 (5)
  • 7 (12)
  • 8 (24)
  • 9 (7)
  • 10 (7)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

フリークのレビュアーたち

小口 心平のプロフィール画像

小口 心平

映画宣伝プロデューサーであり、毎週必ず劇場で新作を観る、いち映画ファン。

Azumi Miyajiのプロフィール画像

Azumi Miyaji

エンタメ度高めな映画が好きです。アガれるか否かで評価する傾向有り。ドニーさん映画に甘い。ドニーさんが好き。

サトウ ムツオのプロフィール画像

サトウ ムツオ

ライター/エディター/ムービーバフ(映画狂)。責任編集のムック『007 Complete Guide ジェームズ・ボンドはお好き?』(マガジンハウス刊、1,500円)が11月30日発売。好きな監督は、クリント・イーストウッド(神)、マーティン・スコセッシ(神)。