宮田 悠

[ 学生 ]
宮田 悠のプロフィール画像
325 フリーク
フリークポイント
20 作品
レビュー本数
248 作品
鑑賞した映画
3
お気に入りされた数
  • 3 (2)
  • 4 (7)
  • 5 (8)
  • 6 (27)
  • 7 (81)
  • 8 (71)
  • 9 (33)
  • 10 (19)
プロフィール
神奈川県の某大学に通う映画好きの学生です。映画検定3級。好きなものはアクション、SF、ホラー、コメディ、特撮。要は暴力とボンクラ要素が強い映画です。でも、面白ければ何でもウェルカムなスタンス。映画紹介ブログ『雑多庵』管理人。「第二回 新・午前十時の映画祭」公式学生レポーター。
最新レビュー
フォックスキャッチャーのポスター
フォックスキャッチャー
投稿: 2015年02月23日
6

地味すぎやしないか?

『40歳の童貞男』ことスティーブ・カレルが怖いのなんのって。 いつもの太眉と不気味なぐらいの笑い顔を封じるとまるで別人。この顔で抑揚のない喋り方、一切崩さない能面のような表情、死んだ魚のような眼とはまさにこれという沈んだ眼をされると不気...

ゴーン・ガールのポスター
ゴーン・ガール
投稿: 2014年12月13日
9

これぞ劇薬エンターテイメント!

「映像派」と呼ばれることの多いデヴィッド・フィンチャーだが、本作にはいかにも技術を駆使したようなシーンはなく、編集や脚本、演出によって面白さを出していく「普通」の映画だ。『ドラゴン・タトゥーの女』(2011)や『ファイトクラブ』(1999)のよ...

ケープタウンのポスター
ケープタウン
投稿: 2014年09月10日
8

オヤジの怒りを侮るな

『シティ・オブ・ゴッド』ばりの南アフリカの治安の悪さに驚く。ホームレスの子ども、自作の家が不規則に並ぶスラム街、横行する麻薬、白昼の銃撃戦など、行きたくないと思うには十分すぎる描写が続く。『シティ~』の舞台のブラジルもそうだが、ワールド...

渇き。のポスター
渇き。
投稿: 2014年07月01日
4

ミュージックビデオの延長?

点数は低くしているがストーリーは面白かったし、お芝居としては良かったと思う。 役所広司の映画史に残るレベルでのクズオヤジぶりは見た目の変化も含めて強烈だし、新人とは思えないような小松菜奈の妖しい魅力はスクリーン映えするし、妻夫木聡のイ...

ヘルプ 心がつなぐストーリーのポスター
ヘルプ 心がつなぐストーリー
投稿: 2014年05月05日
9

女性解放・自立を描いた南部ものの傑作

 1960年代の南部の黒人差別を描いた秀作『ミシシッピー・バーニング』と同じくミシシッピ州を舞台とし、時代も1960年代前半と同時期の本作は『ミシシッピー~』ではほとんどなかった黒人の目線が見られる。タイトルの「Help」とはお手伝いさんのこと。白...

とらわれて夏のポスター
とらわれて夏
投稿: 2014年04月23日
6

飯テロをかましてくれる田舎青春映画

 これは筆者が勝手に作ったものだが、田舎青春映画というジャンルがある。これらの映画の特徴は主にティーンエイジャーが主人公で季節は夏のことが多く、娯楽が何もないような田舎が舞台となることだ。そして、主人公は両親に問題があることが多い。『ス...

LIFE!のポスター
LIFE!
投稿: 2014年03月25日
8

ベン・スティラーからのエールを受け取るべし

 本作で主演を務め、自ら監督・製作まで兼任したベン・スティラーの監督5作目。彼の監督作は『トロピック・サンダー 史上最低の作戦』を観たのが最初で、それからDVDでさかのぼって全作観ているのですが、本作はこれまでの作品とは雰囲気が違うと感じ...

ダラス・バイヤーズクラブのポスター
ダラス・バイヤーズクラブ
投稿: 2014年03月02日
8

南部男の生き様を見よ

映画としては割と普通だし、実話ベースなので特にドラマチックな展開をするわけでもない。ともすれば地味なだけの映画になってしまう話だが、役者たちの熱演が強烈なリアリティをもたらし、惹きつける。特に体型を激変させて演じているマシュー・マコノヒ...

スノーピアサーのポスター
スノーピアサー
投稿: 2014年02月08日
7

ギリアム好き、革命好きにおすすめ

見る前に予想していた内容とは大きく異なる作品だった。ポン・ジュノ監督のこれまでの作品の中では最も変な作品と言える。 革命を起こすまでが意外と早く、いったん暴動が起こると怒涛の展開が始まり、単なる革命ものかと思っていったらテリー・ギリア...

アメリカン・ハッスルのポスター
アメリカン・ハッスル
投稿: 2014年02月01日
8

騙されるのは誰か?

本国では大絶賛されているデヴィッド・O・ラッセル監督の新作。 新作は同監督の『ザ・ファイター』からクリスチャン・ベールとエイミー・アダムス、『世界にひとつのプレイブック』からはブラッドリー・クーパーとジェニファー・ローレンスが続投。これ...

トゥモロー・ワールドのポスター
トゥモロー・ワールド
投稿: 2014年01月27日
10

長い、長い、まだ切れないの!?

ストーリー単純。子供が生まれなくなった近未来を舞台に、18年ぶりに妊娠した少女を救うためにクライブ・オーウェン演じる主人公が奮闘するというもの。なぜ子どもが生まれなくなったのかは全く説明されないし、何が起きているのか分からない場面が多いの...

スティーラーズのポスター
スティーラーズ
投稿: 2014年01月25日
5

パルプフィクション的

ヴィンセント・ドノフリオが店主の質屋に訪れる人々が様々なことを起こしていくオムニバス形式の映画。 ポール・ウォーカーとそのバカなヤク中仲間とが起こす麻薬目当ての強盗騒ぎをを描いた話が一話目。タランティーノ的なダラダラした会話が連発する...

ゼロ・グラビティのポスター
ゼロ・グラビティ
投稿: 2013年12月14日
10

究極の映画体験

前評判の高さや強烈なインパクトの予告編から期待値は高かったが、実際に観ても期待が裏切られることはなく、それ以上の感動があった。 映画の面白さの基準の一つとしていかに圧倒される映像が見られるかというものが考えられるが、本作はその点におい...

悪の法則のポスター
悪の法則
投稿: 2013年11月19日
4

脚本と監督の相性に問題あり

豪華キャストに名監督と言われたら相当の演技合戦を楽しめるのかと思いきや、実際は豪華キャストの割に地味な会話シーンが多いし、大して演技が引き出せているとも思えない。そもそもリドリー・スコット監督は画で見せていく演出を得意としているのだから...

キャリーのポスター
キャリー
投稿: 2013年11月12日
5

アイドル映画としてみるといいんじゃないかと

オリジナルのデ・パルマ版が好きなので気にならざるを得なかったリメイク版。いじめられっ子の雰囲気があったシシー・スペイセクからいじめられているとは思えないクロエ・グレース・モレッツがキャリーとなった本作に、一抹の不安を抱きつつも見に行った...

中学生円山のポスター
中学生円山
投稿: 2013年05月24日
6

クドカンの妄想世界

設定から、描写から徹底して中二的な作品。 だが、閉鎖的な団地という空間を舞台にすることで、知っているようで知らない隣人たちの裏側をも浮き彫りにしていくのが面白い。 ただ、少々妄想が過ぎて「大人」たちは笑えないかも。でもいつものことな...

死霊のはらわたのポスター
死霊のはらわた
投稿: 2013年05月12日
7

真面目なリメイク

オリジナルで不明だった点を具体的に設定しており、山小屋に行く理由や死霊の正体などがわかるようになっていて、現代的なホラーとしてリメイクされている。その分普通のホラー映画の域を出ていないのが少し残念。だが、強烈なスプラッター描写はR-18にふ...

レビューバランス
  • 1 (0)
  • 2 (0)
  • 3 (2)
  • 4 (7)
  • 5 (8)
  • 6 (27)
  • 7 (81)
  • 8 (71)
  • 9 (33)
  • 10 (19)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

フリークのレビュアーたち

小口 心平のプロフィール画像

小口 心平

映画宣伝プロデューサーであり、毎週必ず劇場で新作を観る、いち映画ファン。

岸岡 卓志のプロフィール画像

岸岡 卓志

孤高のイケメンチェイサー。映画に関する文章を書かせていただく等、地方都市から「映画」の素晴らしさを発信すべくがんばっています。

Azumi Miyajiのプロフィール画像

Azumi Miyaji

エンタメ度高めな映画が好きです。アガれるか否かで評価する傾向有り。ドニーさん映画に甘い。ドニーさんが好き。