村山 章Freak

[ 映画ライター ]
村山 章のプロフィール画像
1134 フリーク
フリークポイント
45 作品
レビュー本数
588 作品
鑑賞した映画
98
お気に入りされた数
  • 2 (2)
  • 3 (12)
  • 4 (20)
  • 5 (41)
  • 6 (83)
  • 7 (181)
  • 8 (173)
  • 9 (63)
  • 10 (13)
プロフィール
サエない映画ライターです。だって、応援する映画がこぞって売れないんだもの。
最新レビュー
キングスマンのポスター
キングスマン
投稿: 2015年12月28日
5

マナーとは?

アクションコメディとして気軽に楽しめなかったのは「マナーが紳士を作る」(原語的には「礼節が人間を作る」か)と劇中で謳っているわりにそのスピリットが表層的にしか扱われていないから。 ストリートキッズが礼節を学び、セビルロード仕立てのスー...

コードネーム U.N.C.L.E.のポスター
コードネーム U.N.C.L.E.
投稿: 2015年11月26日
8

ソダバのファンがソダバ降板を踏まえて思ったこと。

個人的には2015年のスパイ映画では一番好きです。ベクトルは正反対だが、年明け公開の『ブリッジ・オブ・スパイ』を入れると双璧。 ソダーバーグ信者として書くと、この映画は当初ソダバがジョージ・クルーニー主演で撮るはずだったものが紆余曲折あっ...

幕が上がるのポスター
幕が上がる
投稿: 2015年04月02日
4

わかりやすさに押しつぶされるものってある。

この映画が大好きなひとが大勢いるのは知っているし、それを否定する気はない。それぞれの鑑賞体験が気持ちのどこに結びついているかはそのひとにしかわからないから。 ただ映画という表現において感心とは程遠い。まず役者の演技を信用していないよう...

はじまりのうたのポスター
はじまりのうた
投稿: 2015年02月14日
8

プロとアマチュア。

個人的には同監督の『ONCE』を越えないまでもステキな映画だと思う。越えなかった理由はいくつかあるが、まず自分の中に曲が残っていない。趣味嗜好の問題もあるとはいえ楽曲もアレンジも職人的で、曲そのものの吸引力は『ONCE』の方が上かと。 キーラ...

西遊記 はじまりのはじまりのポスター
西遊記 はじまりのはじまり
投稿: 2014年11月17日
10

スー・チー最強ヒロイン伝説+α。

チャウ・シンチー映画最強のヒロインは『喜劇王』のセシリア・チャンだと思っていたが、マジかよ、このスー・チーに抗える人間なんていますかね!? スー・チーの魅力を語りだすと脱線から帰ってこられないので割愛するが、本作の女妖怪ハンター役は強...

ヘラクレスのポスター
ヘラクレス
投稿: 2014年10月31日
8

オレは神話になんかならないぞ宣言。

看板に偽りあり、とかいうと角が立つので避けたいが、 これはポスタービジュアルからしてミスリード。 ポスターのようなヘラクレスの冒険はすべて、世間のウワサか本人が進んで流したデマ。本作のヘラクレスは、最強神話を営業に利用してガッツリ仕事...

目の前で拓かれたフィクションの可能性にゾクゾクした。

定番とお約束にまみれた現代、われわれはフィクションや劇映画の何を楽しんでいるのか。斬新な展開?初めての刺激?しかし王道エンタメの魅力はベタに宿る。どうせこーなるとわかっていても、型通りのキメが決まるほど条件反射的に盛り上がる。極論すれば...

るろうに剣心 京都大火編のポスター
るろうに剣心 京都大火編
投稿: 2014年09月05日
7

トンファーが似合いすぎる69歳ってオイ!

前作にはノレなかったのだが、今回聞こえてくる評判はいいので観に行ってきた。 結論から言うと随所随所にダサいと思うポイントはあるものの、ほぼ評判通りに面白かったです。画にも力がこもってるし、アクションにもメロドラマ的エモーションが乗っか...

マレフィセントのポスター
マレフィセント
投稿: 2014年07月07日
4

エルたんを愛でてアンジーを褒めよう。

凡庸! 魔女マレフィセントは実はいいひとでしたと言いたいためだけに書かれたストーリー。怒りにかられて姫に呪いをかけはするものの、本作のマレフィセントは最初っから最後まで100%善人だ。 つまり「あの悪役が?」という驚きは映画が始まった瞬間...

X-MEN:フューチャー&パストのポスター
X-MEN:フューチャー&パスト
投稿: 2014年06月10日
6

ジェニファーズ・ボディ。

ミスティーク大活躍である。出世街道驀進中のジェニファー・ローレンスにとって「ハンガー・ゲーム」と「X-MEN」のシリーズが足枷になっている気がしなくもないが、製作陣にすればこの逸材をよりフィーチャーするのは必然。結果的にプロフェッサーよりもマ...

LIFE!のポスター
LIFE!
投稿: 2014年03月23日
9

さて、どんな旅に出てみようか(近場でも可)。

主人公は「夢想にふけりがちな男」。 大抵の映画で肯定的に描かれる王道のパターンだ。 根底にあるのは「想像の世界が豊かな人は奥が深い」という考え方で、 ヤッカミ半分で言わせてもらうなら クリエイティブな人間たちによる選民思想でもある。 ...

腹をくくった宣伝プランにシャッポを脱ぎました。

賛否両論あって当たり前。クズのクズっぷりをクズクズに描き出したこの作品を、サイコーにくだらない、むしろカッコイイという感想もあるだろうし、つまらなくはないがわざわざ観るに値しないと感じるひともいるでしょう。 ただ、そういうモラルの反転...

ロボコップのポスター
ロボコップ
投稿: 2014年02月07日
8

大義がモラルを凌駕する世界の現実にツバを吐け!

ハリウッドの娯楽アクションとしては、もっと派手な作品も目に賑やかな作品もあるはず。完成度が高い、というわけでもない。 が、自分の興味はブラジル人監督ジョゼ・パジーリャがハリウッドで潰されたか否かという一点に絞られていたので、予想以上に...

ゼロ・グラビティのポスター
ゼロ・グラビティ
投稿: 2013年12月21日
9

傑作すぎるゆえに、オレは泣きながら背を向ける(誇張)。

素晴らしい。みんなも書いている通り、大傑作だと思う。 とりわけジョージ・クルーニーが、タイプは違えど「ライトスタッフ」のサム・シェパードに並ぶくらいカッコいいのと、サンドラ・ブロックのたくましい両脚が本作のテーマそのものと言っていいく...

パシフィック・リムのポスター
パシフィック・リム
投稿: 2013年08月04日
8

僕たちの知らない友だちが200億円で映画作りましたよ。

2013年8月4日の投稿です。まずレビューではないことご容赦ください。 『パフィシック・リム』がいよいよ9日に公開されます。約200億円の巨費を投じたハリウッド超大作でありながら、日本の伝統を汲んだ怪獣映画で、アラフォー世代直撃の巨大ロボット映...

バレットのポスター
バレット
投稿: 2013年06月05日
7

スタローンがイケイケモード。

スタローンっていつまで経っても 気恥ずかしいくらいに本人の浮沈が表に出る男。 3日で脚本を書いたとされる出世作『ロッキー』が 下積み時代とシンクロしてるのはもちろん、 大スターになって慢心する『ロッキー3』とか、 昔の名前で出ていますな...

横道世之介のポスター
横道世之介
投稿: 2013年03月01日
10

これはレビューではない(警報発令中)

満点だけつけて、黙っているつもりだった。 書きたい気持ちはあれど800文字では到底表せないし、 自分なんかが余計なことを言わなくても 観た人それぞれが、かけがえのない想いを抱く映画だからだ。 でも、ですよ。初登場10位ってなんですかよ! ネ...

レビューバランス
  • 1 (0)
  • 2 (2)
  • 3 (12)
  • 4 (20)
  • 5 (41)
  • 6 (83)
  • 7 (181)
  • 8 (173)
  • 9 (63)
  • 10 (13)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

フリークのレビュアーたち

川崎 タカオのプロフィール画像

川崎 タカオ

イラストレーターで食ってます。漫画も時々描きます。現在のオールタイム・ベスト・ムービーは『ザ・ミッション 非情の掟』です。邦画では黒沢清監督が好きなんですが新作が中々観られず寂しいですね。

Daisuke O-okaのプロフィール画像

Daisuke O-oka

某メディア企業で取材・出稿を伴うVTRディレクターをやってます。映画製作ビジネスの経験有り。そのうち何かやってやろうとユルく模索中。映画以外では、スノーボードや自転車ほかアウトドア全般、マンガに読書、クルマ、ねこ、これからの社会の動きなど、興味は全方位。よろしくです。

茅野 布美恵のプロフィール画像

茅野 布美恵

地方誌の編集者。映画は、ノンジャンルで鑑賞。基本的には、劇場で愉しむ主義です。その作品を観ないとわからないレビューになる傾向あり。情けない男が出てくる映画や、青春ものが好物。マイケルホリック(Michaelholic=マイケルホール心酔者)にして、パトリック(デンプシー)教徒。