加来 誠之

[ WEB関連 ]
加来 誠之のプロフィール画像
1631 フリーク
フリークポイント
542 作品
レビュー本数
542 作品
鑑賞した映画
1
お気に入りされた数
  • 2 (23)
  • 3 (68)
  • 4 (122)
  • 5 (136)
  • 6 (95)
  • 7 (69)
  • 8 (16)
  • 9 (11)
  • 10 (2)
プロフィール
繰り返し見る派なので、DVD中心。 シネコン時代になってから大型スクリーンの小屋が減ったので、映画館に行く回数は確実に減ってますね。他のレビューサイトから引っ越してきました。
最新レビュー
海にかかる霧のポスター
海にかかる霧
投稿: 2017年01月24日
4

結局殺し合い・・

BS初見。韓国映画。 資金繰りに困るしがない漁船が、金の為に中国から密航を引き受ける。 多くの朝鮮族を密航させるが、ガス漏れの為に、その殆どを死なせてしまう。 発覚を恐れた船長は、彼を切り刻んで海に捨てるが、生き残りがいて・・というお話。 ...

アリスのままでのポスター
アリスのままで
投稿: 2017年01月23日
5

若年性アルツハイマーがテーマ

BS初見。 若年性アルツハイマーを発症した大学講師。 まさかと思うが、次第に記憶障害が・・家族に打ち明け支えあうが、日を追うごとに自分を失っていく・・。 頭の中の消しゴムなどに比べると、相当中途半端。 悲劇の部分は見せないようにして、家族...

レッド・ファミリーのポスター
レッド・ファミリー
投稿: 2017年01月23日
5

もう一段奥行きが欲しかった

BS初見。韓国映画。 どこにでもいる幸せな華族。 しかし彼らは韓国に潜入した北朝鮮の工作員だった。 隣に住む典型的な韓国家族を軽蔑していたが、本音で生きる姿に触発され・・っていうお話。 ラストは上手く収めると思ったが、案外ほったらかし。 ...

アトリエの春、昼下がりの裸婦のポスター
アトリエの春、昼下がりの裸婦
投稿: 2017年01月22日
6

叙情的で美しい作品。見られて幸運だった

CS初見。韓国映画。 貧しい時代の韓国。農村に訪れた難病に冒された芸術家。 彼の妻は貧しい町娘を夫の為のヌードモデルとして雇う。 しかし彼女にはたちの悪い夫がいて・・というお話。 韓国映画は数年に一度こういう叙情的で美しい作品を作り出す。 ...

エージェント・ウルトラのポスター
エージェント・ウルトラ
投稿: 2017年01月14日
4

最近この手の映画が多い

BS初見。ある生活の行き詰っただらしない青年と恋人が主人公。ある事をきっかけに能力が覚醒し、ある組織に追われ始めるってお話。 典型的な『俺はこんなはずじゃない』からの『俺は凄い』っていう飛躍展開。 特別でありたいけど、そんな能力は無い人々...

チェリーについてのポスター
チェリーについて
投稿: 2017年01月14日
4

少女がアダルト業界に踏み込む

BS初見。18歳の少女が家を出て、生活の為にヌード撮影モデルになる。 次第に感覚が麻痺して行き、更なる報酬の為に、同性愛モデル、そしてAVの世界に進んでしまう・・ってお話。 なんとなく悲惨な話になると思いきや、地獄を見る事も無く、悲惨な結果に...

X-ミッションのポスター
X-ミッション
投稿: 2017年01月09日
4

これは。。もしかして・・あぁやっぱり

BS初見。予備知識無しで鑑賞。 過激なXスポーツ映画と思ったら、危険に魅了された男が捜査機関に入り、覆面捜査を・・。 ん?これは・・もしやキアヌ&スウェイジの『ハートブルー』なのでは? と思っていたら、『ハートブルー』の現代版リメイクのよう...

白鯨との闘いのポスター
白鯨との闘い
投稿: 2017年01月09日
5

トンカチ男が鯨と戦います

WOWOW初見。白鯨の基になったと言われる事件の映画化。 一等航海士のトンカチ男は、新人船長と捕鯨船に乗り込み、鯨を次々と捕獲していく。 しかし、巨大鯨に船を沈められ、ボートで数ヶ月間の漂流が始まる。 水も無く食べ物も無く、仲間も死んでゆくが...

殺人の追憶のポスター
殺人の追憶
投稿: 2017年01月07日
5

80年代の韓国の闇

CS初見の韓国映画。 当時、この作品、結構な好評価でしたよね。 初めて見ましたけど、10年以上前と言う事もあってエンターメント性は、今より低い。 80年代の韓国を描き、障害者への虐待や警察の暴力など、当時の雰囲気は伝わるが、作品としてどうなの...

有終の美

CS初見。蛭子さんと太川さんのバスの旅。 このお正月で卒業と言う事で終わっちゃったけど、映画になっていたんですね。 台湾を北から南に縦断すると言う企画。 しっかりしてる太川さんと、グダグダの蛭子さんと言うのは、いい組み合わせ。 変にグルメ...

トカレフのポスター
トカレフ
投稿: 2017年01月07日
4

ニコラス・ケイジが落ちぶれていくのが悲しい

CS初見。ニコラス・ケイジ主演。 昔はギャングとして鳴らしていた父親。妻を失った事でカタギとなっていたが・・。 娘が突然殺された事で、かつての仲間と復讐を誓う・・ってお話。 でも、この映画・・父親がとんでもない勘違いをしていて、結局なにも...

スコーピオンのポスター
スコーピオン
投稿: 2017年01月04日
5

ケビン・コスナーが珍しく悪役

BS初見。ケビン・コスナーが、エルビスの息子を自称する悪党を演じ、銀行強盗と、その後の仲間割れを描く。 2001年の作品だが、話の展開テンプレートとしては90年代の作り。 ラストのオチは良かったが、読めてしまうし、それ以外も惹かれるものは無かった。

ブラック・スキャンダルのポスター
ブラック・スキャンダル
投稿: 2017年01月04日
5

ジョニー・デップ熱演のはずが・・

割と期待して見たのだが、正直落胆した。 予告編の方が面白かった位。 サウスボストンでアイルランド系のギャングが、幼馴染のFBIと組んで、イタリア系を駆逐して町を牛耳る家庭を描くんだけど、同じスコセッシのグッドフェローズに比べるとかなり落ちる...

黄金のアデーレ 名画の帰還のポスター
黄金のアデーレ 名画の帰還
投稿: 2016年12月24日
6

思ったよりも硬派ではなかった

BS初見。ナチスに併合されたオーストリアで、ユダヤ人資産家の絵画が接収される。資産家の生き残りである女性はアメリカに逃れ年老いているが、新人弁護士に絵画の返却を求める弁護を依頼する・・ってお話。日本人視線で見ると、オーストリアと韓国が重な...

俺物語!!のポスター
俺物語!!
投稿: 2016年12月24日
8

鈴木亮平熱演

BS初見。まぁストレートな純愛コメディ。おっさんのような見た目だが純情な男子高校生と女子高生の恋愛をコメディタッチで描く。鈴木亮平の熱演が目立つ作品だが、作りとしては割りと骨太な印象。勘違いにすれ違い要素を入れて、最後にカタルシスを得る・...

正直、そんなに面白い?

WOWOWでシリーズ一括放送をやっていたので見たんだけど、正直そんなに面白くなかった。最初に見た時は面白くなくて途中で止めたんだけど、今回最後まで見ても特に響くものは無かった。新キャラも感情移入し辛いし、キャラの行動の必然性もあまり感じない。...

監視者たちのポスター
監視者たち
投稿: 2016年12月06日
6

悪役になってみました

韓国映画。いつも良い人役のチョ・ウソンが初の悪役。知能犯チームと警察の監視チームの対決を描く作品。よくまとまっていて、これといって穴の無い作品でおもしろい。主人公の女性はどこかで見たと思ったら『王になった男』の王妃役の人。実力者ばかりな...

哀しき獣のポスター
哀しき獣
投稿: 2016年12月06日
8

これは面白い。

予備知識0で鑑賞。主人公は中国国内で暮らす韓国系の男。結婚したが、妻は韓国に渡り行方不明。自分は渡航費用の為に借金まみれ。そこに韓国に行き人を殺せば高額報酬と言う依頼を受け、韓国に行き、ターゲットを見つけるが・・ってお話。バイオレンスもバ...

悪魔は誰だのポスター
悪魔は誰だ
投稿: 2016年12月06日
4

15年前の完全犯罪が再び再現される

韓国映画。もしかしてまた血みどろの殺し合いか・・とビクビクしながら見たけれど、どちらかと言うと心理サスペンス。犯人も意外。とはいえ、作品中にこれといった山が無いので、興味を保つのが難しい。

ドン・ジョンのポスター
ドン・ジョン
投稿: 2016年12月06日
9

めちゃくちゃ面白かった

ジョセフ・ゴードン=レヴィットは監督もしてるんですね。この作品では監督ともに主演もしていて、どんなに美人と付き合ってもポルノ鑑賞を止められない青年役。美しいスカーレット・ヨハンソンと出会い、彼女の為に自分を変えようとするが・・ってお話。...

レビューバランス
  • 1 (0)
  • 2 (23)
  • 3 (68)
  • 4 (122)
  • 5 (136)
  • 6 (95)
  • 7 (69)
  • 8 (16)
  • 9 (11)
  • 10 (2)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

フリークのレビュアーたち

岸岡 卓志のプロフィール画像

岸岡 卓志

孤高のイケメンチェイサー。映画に関する文章を書かせていただく等、地方都市から「映画」の素晴らしさを発信すべくがんばっています。

村山 章のプロフィール画像

村山 章

サエない映画ライターです。だって、応援する映画がこぞって売れないんだもの。

Daisuke O-okaのプロフィール画像

Daisuke O-oka

某メディア企業で取材・出稿を伴うVTRディレクターをやってます。映画製作ビジネスの経験有り。そのうち何かやってやろうとユルく模索中。映画以外では、スノーボードや自転車ほかアウトドア全般、マンガに読書、クルマ、ねこ、これからの社会の動きなど、興味は全方位。よろしくです。