奥 直人

[ 会社員 ]
奥 直人のプロフィール画像
604 フリーク
フリークポイント
120 作品
レビュー本数
320 作品
鑑賞した映画
8
お気に入りされた数
  • 1 (19)
  • 2 (15)
  • 3 (16)
  • 4 (17)
  • 5 (35)
  • 6 (52)
  • 7 (54)
  • 8 (42)
  • 9 (38)
  • 10 (32)
プロフィール
映画暦15年。思いのままをレビューにぶつけていきます。
最新レビュー
ロスト・バケーションのポスター
ロスト・バケーション
投稿: 2016年07月27日
6

エクストリーム・マリンスポーツ

 「ジュラシック・ワールド」に登場するインドミナス・レックスは、食料のためではなくまるでスポーツの感覚で純粋に殺しを楽しんでいるという設定だったが、本作のサメもそれに通ずるものがある。  とあるビーチの浅瀬に現れたサメは、海に入り込む...

オマールの壁のポスター
オマールの壁
投稿: 2016年07月23日
9

可哀想と言ってはいけない

 8メートルもの巨大な壁で区切られたパレスチナ自治区。青年オマールはイスラエル兵殺害計画に加わるが、身柄を拘束され共犯者の自白を迫られる。口を割れば仲間は捕まるが、自身は釈放され恋人のナディアと再会できる。しかし、易々と幼馴染みを裏切るこ...

ファインディング・ドリーのポスター
ファインディング・ドリー
投稿: 2016年07月22日
7

コミュニケーション社会に生きるすべての人へ

 この映画の魅力は、果てしなく広い海の中からたった一匹の魚を見つけるという絶望的な設定にある。もちろん魚にはネットやスマホなどあるはずもなく、頼りになるのは僅かな手掛かりと協力してくれる仲間たち、そして「きっとどこかで生きている」と信じ...

無機質なCG映像から独立すべし!

 前作から実に20年ぶりの続編。劇中でも同じだけの時間が経過し2016年を舞台にしているが、現実とは大きく異なる風景だ。と言うのも人類は前作で撃退したエイリアンのテクノロジーを獲得して飛躍的に科学技術や文明を発展させており、月面基地を作り上げ...

タイムオーバー

 前作で不思議の世界を旅したアリスはすっかり成長し、今や男たちを率いて過酷な航海に出る逞しい女性になった。そんな彼女が鏡をすり抜けて再び不思議の世界へと誘われ、かつての仲間の危機に駆けつける。新進女優からハリウッドで活躍する若手スターへ...

マネーモンスターのポスター
マネーモンスター
投稿: 2016年06月16日
7

冷静になって考えると・・・

 人気の財テク番組の生放送中に銃を持った男が乱入し、司会者を人質にとってテレビ局をジャックする。聞けば男は司会者が番組内でイチ押しした新規上場株で大損をこき、決死の覚悟で物申しに来たのだという。それじゃあ単なる逆恨みじゃんと思いきや、男...

スポットライト 世紀のスクープのポスター
スポットライト 世紀のスクープ
投稿: 2016年06月13日
10

ボストンが泣いている

 2002年、ボストンの地方紙「ボストン・グローブ」は、カトリック司祭が教区内で複数の児童に対し性的な虐待をしていたと報道した。突き詰めると他にも多くの司祭がそれぞれの教区で同様の犯罪行為に及んでおり、その事例は世界的な規模で報告されていく。...

ボーダーラインのポスター
ボーダーライン
投稿: 2016年06月11日
6

息が出来ない

 予告編を見た印象だとマイケル・マンあたりの硬派なクライム・アクションを期待するが、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は本作をミステリー、もしくはスリラーとして演出することを選んだ。  エミリー・ブラント演じるFBI捜査官は実戦経験を買われ、メキシコ...

スノーホワイト 氷の王国のポスター
スノーホワイト 氷の王国
投稿: 2016年05月27日
2

セロン様の魔女っぷりも本作で見納め?

 前作を手掛けたルパート・サンダース監督とクリステン・スチュワートは不倫騒動を受け降板、代わりに視覚効果を担当していた新人監督が起用された本作。さすがに製作費1億ドルを越える超大作への抜擢は重圧だったのか、豪華キャストのバックアップも空し...

マクベスのポスター
マクベス
投稿: 2016年05月14日
9

若い才能による、大胆な古典のカラーリング

 欲望や野心といった感情がそのまま肉体を得たかのような狂気的なキャラクターによるドロドロの人間模様は、映画鑑賞よりも観劇という言葉が似合いそうな重厚な仕上がり。そのまま至極真っ当な古典の映像化と受け取れるだろう。  ところがこの映画、...

アベンジャーズ最大の敵は・・・。

 世間の高い期待とは裏腹に、僕は「シビル・ウォー」に一抹の不安を抱いていた。「ウィンター・ソルジャー」の大成功に大きく貢献したのは、間違いなくCG全盛のこの時代に(しかもアメコミ映画にもかかわらず)あえて生身の肉体に着目したハイスピードな肉...

レヴェナント 蘇えりし者のポスター
レヴェナント 蘇えりし者
投稿: 2016年04月29日
10

神は見ている

 もしもあらゆる時代のあらゆる出来事を自由自在に記録できる監視カメラがあったとしたら。そのカメラを覗く者はこの世で起きる全ての出来事の因果関係を知ることができるだろう。すなわち「神の視点」である。  本作で3年連続アカデミー撮影賞受賞の...

ジャスティスは何処へ?

 2大ヒーロー世紀の激突。  前作「マン・オブ・スティール」の激闘の最中で実はブルース・ウェインの大事な部下たちが命を落としており、彼はスーパーマンの強大な力が人類を滅ぼしかねないと危険視するようになる。  なんとか2大ヒーローが激突...

クリムゾン・ピークのポスター
クリムゾン・ピーク
投稿: 2016年03月12日
8

生者と死者の織り成す世界

 幼い頃に母を亡くしたイーディスは、それ以来霊を見るようになる。大人になり男爵との結婚を決意した彼女は海外の田舎にある古びた屋敷に移り住むが、そこでも霊に脅かされるようになり、次第に精神を病んでいく。  実は僕たちの住む世界には霊がう...

ヘイトフル・エイトのポスター
ヘイトフル・エイト
投稿: 2016年03月03日
7

無駄がない、故に長い。

 猛吹雪に見舞われ、次々と山小屋に避難する人達。ところが小屋のドアは壊れていて、閉めるためには釘で板を打ち付けて固定しなければならない。当然人が出入りするたびに釘は外れてしまうので、その度に打ち直す必要がある。劇中でしつこいほど繰り返さ...

イット・フォローズのポスター
イット・フォローズ
投稿: 2016年02月27日
10

「それ」に名前は要らない

 ルールは単純明快。一度取り憑かれると「それ」はどこまでも追ってくる。日夜を問わず、様々な人物に姿を変えながら追ってくる。「それ」はノロノロと歩いてくるので、逃げるのは簡単だ。だけど逃げても逃げても必ず姿を現す。「それ」を振り切る方法は...

完全なるチェックメイトのポスター
完全なるチェックメイト
投稿: 2016年02月18日
7

僕の人生チェックメイト

 冷戦期にチェスの世界チャンピオンとして活躍したボビー・フィッシャー。チェス界では指折りのレジェンドであり数多くの実績を誇る彼だったが、その生涯は波乱に満ちたものだった。  劇中の言葉を借りればチェスは四手打つだけで3000億通りのパター...

オデッセイのポスター
オデッセイ
投稿: 2016年02月17日
7

火星に取り残された者だけど、何か質問ある?

 地球から遠く離れ、食料や水も無ければ直に吸える空気も存在しない火星。そんな場所にたった一人取り残されてしまえば、きっとそれは考え得る最も絶望的な状況と言えるだろう。  人っ子一人いない惑星で悲しみに明け暮れるか、地球に残してきた家族...

レビューバランス
  • 1 (19)
  • 2 (15)
  • 3 (16)
  • 4 (17)
  • 5 (35)
  • 6 (52)
  • 7 (54)
  • 8 (42)
  • 9 (38)
  • 10 (32)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

フリークのレビュアーたち

完山 京洪のプロフィール画像

完山 京洪

監督/脚本/俳優/製作。Vesuvius LLC. Japan 代表。 監督作「シーソー seesaw」「救命士」「Make My Day」

サトウ ムツオのプロフィール画像

サトウ ムツオ

ライター/エディター/ムービーバフ(映画狂)。責任編集のムック『007 Complete Guide ジェームズ・ボンドはお好き?』(マガジンハウス刊、1,500円)が11月30日発売。好きな監督は、クリント・イーストウッド(神)、マーティン・スコセッシ(神)。

川崎 タカオのプロフィール画像

川崎 タカオ

イラストレーターで食ってます。漫画も時々描きます。現在のオールタイム・ベスト・ムービーは『ザ・ミッション 非情の掟』です。邦画では黒沢清監督が好きなんですが新作が中々観られず寂しいですね。