奥 直人

[ 会社員 ]
奥 直人のプロフィール画像
604 フリーク
フリークポイント
120 作品
レビュー本数
320 作品
鑑賞した映画
8
お気に入りされた数
  • 1 (19)
  • 2 (15)
  • 3 (16)
  • 4 (17)
  • 5 (35)
  • 6 (52)
  • 7 (54)
  • 8 (42)
  • 9 (38)
  • 10 (32)
プロフィール
映画暦15年。思いのままをレビューにぶつけていきます。
最新レビュー
ハドソン川の奇跡のポスター
ハドソン川の奇跡
投稿: 2016年10月12日
7

罰当たりな現代の不信心者へ

 2009年、いつものようにニューヨークの空港を発った飛行機は、直後にエンジンが停止し動力を失ってしまう。機長のサレンバーガーは機体をハドソン川に着水させるという前代未聞の荒業で、なんと乗員乗客全155名を救うことに成功した。ところがヒーローか...

ジェイソン・ボーンのポスター
ジェイソン・ボーン
投稿: 2016年10月11日
6

ずっと疑問に思ってた:世界を駆け巡るジェイソン・ボーンの資金源

 監督のポール・グリーングラスによると、続編を作るきっかけの一つに新作を待ち望むファンの声があったという。確かに、シリーズのファンならばピンとくる箇所は枚挙に暇がないだろう。  ボーンと敵がチェイスを繰り返し、それを地元警察が追いかけ...

怒りのポスター
怒り
投稿: 2016年09月28日
10

近年最も印象的で、心に迫る群像劇

 東京・八王子で夫婦が惨殺される事件が発生。それから一年後、未だ犯人を捕まえられず捜査が行き詰まる中、東京、千葉、沖縄の3つの場所にそれぞれ現れた素性の知れない3人の男たち。彼らは次第に周囲の人々と打ち解け合い絆を深めていくが、テレビで八...

ダブリンの街角を曲がるとシング・ストリート

 「ONCE ダブリンの街角で」、「はじまりのうた」に続いてまたしても音楽映画を放ったジョン・カーニー監督。前作のレビューで「監督は映画よりも音楽が好きなのでは?」と書いた通り、今回も音楽愛が先行した作品なのだろうと高を括っていた。  確か...

ハイ・ライズのポスター
ハイ・ライズ
投稿: 2016年09月20日
4

リアルマネキンなトムヒのスタイルに嫉妬

 ロンドンの郊外にある高層マンションに引っ越してきた医師のラング。そこにはスーパー、ジム、プールなどの設備が揃っており、住民によるパーティーも頻繁に行われていた。夢のセレブライフへの仲間入りだ。  彼は間もなく住民の間に序列が存在する...

BFGのスタイルの良さは「足長おじさん」並み

 最近では「進撃の巨人」や「ジャックと天空の巨人」しかり、映画の中の巨人と言えば人間を食らう獰猛で不気味な存在として描かれがちだが、本作では人間の少女と心を通わせる心優しい巨人がメインキャラクターとして登場する。かつてスピルバーグが「E.T...

ウォークラフトのポスター
ウォークラフト
投稿: 2016年09月17日
1

ゲームをプレイしていれば違った感想になったのだろうか?

 日本では知名度に乏しいものの、海外では登録者数の多さでギネス記録に認定されるほどの人気を誇っているらしいゲームの映画化。「ロード・オブ・ザ・リング」を彷彿とさせる剣と魔法のファンタジックな世界観で、人間とオークの壮大な戦争を描く。悲し...

スーサイド・スクワッドのポスター
スーサイド・スクワッド
投稿: 2016年09月15日
3

せめて個々の能力を生かしたアクションがあればまだしも・・・。

 DCコミックの悪のヒーローが集結。とは言っても主役のデッド・ショットは演じるウィル・スミスの好感度に乗っかって娘思いの優しい父親としての一面が強調されているし、ハーレイ・クインもジョーカーに恋する一途な乙女として可愛らしさを存分に振りま...

ブルックリンのポスター
ブルックリン
投稿: 2016年09月05日
10

白馬に乗らない王子様

 息苦しいアイルランドで生まれ育ったエイリッシュが、新天地アメリカのブルックリンに移住して幸せを掴もうとする。自立した強い女性像を描く点では、昨今の潮流にマッチした女性賛歌の作品である。  ところがエイリッシュがブルックリンで手にする...

君の名は。のポスター
君の名は。
投稿: 2016年09月04日
7

和製ファンタジー

 ド田舎に住む女子高生と東京都心に住む男子高生の心が入れ替わることから始まる物語。とにかく徹底して高校生目線にこだわった演出が楽しい。制服を着ての学校生活、放課後にカフェで寄り道、バイト先の美人先輩への片思い…。そしてスマホやLINE、2ちゃ...

ペンは剣よりも強し

 終戦後のハリウッドに吹き荒れた、“赤狩り”と呼ばれる共産主義者の弾圧。嘘をついたり仲間を密告して身を守る者も現れる中、職を失う覚悟で議会での証言を拒んだ者たちがいた。脚本家ダルトン・トランボもその一人である。  服役しハリウッドから追...

縁の下の力持ち

 邦題では省かれてしまっているが、主人公のカメたちは思春期真っただ中のティーンエイジャーだ。当然街に繰り出して派手に騒ぎたい年頃。ところが、表には決して姿を見せずに影の世界で生きなければならないという忍者の使命がのしかかる。彼らの場合、...

神様メールのポスター
神様メール
投稿: 2016年08月23日
5

日本でリメイクするなら「神様LINE」?

 神様の正体はベルギーのブリュッセルにあるアパートで暮らす中年オヤジ。毎日パソコンを操作して人間界に事故や災害を起こし、パンは必ずジャムを塗った側から落下したり、レジに並んだら必ず隣の列の方が早く進むという人間にとっていや~な法則をせっ...

ジャングル・ブックのポスター
ジャングル・ブック
投稿: 2016年08月19日
10

ジャングルに生きる

 人間以外フルCG、そして大自然を描いた点で「アバター」と比較されがちな本作。しかし、「アバター」が宙に浮くハレルヤ・マウンテンや不思議な発光植物など非現実的な自然の美しさを描いていたのに対し、「ジャングル・ブック」が描くのは実在する動物...

ゴーストバスターズのポスター
ゴーストバスターズ
投稿: 2016年08月19日
6

リブート?リメイク?いや、リミックスだ!

 NYに幽霊が出現!大学での職を追われ途方に暮れた理系女子たちが持ち前の頭脳を生かして秘密兵器を開発し、幽霊退治に挑む。ジャンル的には1984年の「ゴーストバスターズ」のリブート、もしくはリメイクに分類されるのだけど、僕はあえて“リミックス”と...

ペットのポスター
ペット
投稿: 2016年08月16日
6

楽しんだ者勝ち

 圧倒的な映像美や感動を誘う物語、時には社会風刺を混ぜてみたり、毎回抜群のクオリティで攻めてくる優等生のディズニーと差別化するためか、他社のCGアニメはコメディ色を強調したものが多い。  「怪盗グルー」シリーズのヒットで近年存在感を増し...

X-MEN:アポカリプスのポスター
X-MEN:アポカリプス
投稿: 2016年08月15日
7

ちょっと待てX-MENよ、救えてないものが一つだけあるぞ

 前作「フューチャー&パスト」で歴史を改変するという反則すれすれの荒業をやってのけ、シリーズ大半の出来事を“なかったこと”にしてしまったX-MEN。改変された時間軸でもう一度世界をやり直す本作は、まるでループ物の2巡目を見ているかのようだ。 1...

帰ってきたヒトラーのポスター
帰ってきたヒトラー
投稿: 2016年08月12日
8

笑ってはいけない総統閣下

 自殺したはずのヒトラーが現代のドイツにまさかのタイムスリップ。ひょんなことからフリーの映像作家と共にドイツを旅することになり、いつしか目撃談がSNSで話題沸騰。テレビ局に見出されたヒトラーはモノマネ芸人として番組に出演すると、その巧みな話...

ターザン:REBORNのポスター
ターザン:REBORN
投稿: 2016年08月02日
5

無臭ジャングルを駆け回るイケメンターザン

 「ターザン」と言えば1999年のディズニーアニメを思い浮かべる人が多いだろう。ジャングルでゴリラに育てられた英国貴族の子供が様々な困難を乗り越えながら成長し、途中で出会ったジェーンと恋に落ちつつも野生を傷つけようとする人間に戦いを挑む。 ...

シン・ゴジラのポスター
シン・ゴジラ
投稿: 2016年07月30日
10

日本映画界 vs ゴジラ ジャスティスの誕生

 映画の大半を占めるのは、突如として現れたゴジラの対応に追われる政府関係者の描写だ。首都を横断するゴジラの行動から徹底して習性を分析し、専門家に有効な対策の意見を仰ぎ、軍事・経済・人命救助などのあらゆる観点から作戦の効果と被害を想定する...

レビューバランス
  • 1 (19)
  • 2 (15)
  • 3 (16)
  • 4 (17)
  • 5 (35)
  • 6 (52)
  • 7 (54)
  • 8 (42)
  • 9 (38)
  • 10 (32)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

フリークのレビュアーたち

田中 啓一のプロフィール画像

田中 啓一

基本的にはレビューやめました。 雑感中心に書き込みます。ときどきガッツリ取り組みたくなるかもしれませんが、そんなときは、あーこいつコーフンしてんだなーくらいにご笑納ください。

Daisuke O-okaのプロフィール画像

Daisuke O-oka

某メディア企業で取材・出稿を伴うVTRディレクターをやってます。映画製作ビジネスの経験有り。そのうち何かやってやろうとユルく模索中。映画以外では、スノーボードや自転車ほかアウトドア全般、マンガに読書、クルマ、ねこ、これからの社会の動きなど、興味は全方位。よろしくです。

茅野 布美恵のプロフィール画像

茅野 布美恵

地方誌の編集者。映画は、ノンジャンルで鑑賞。基本的には、劇場で愉しむ主義です。その作品を観ないとわからないレビューになる傾向あり。情けない男が出てくる映画や、青春ものが好物。マイケルホリック(Michaelholic=マイケルホール心酔者)にして、パトリック(デンプシー)教徒。