奥 直人

[ 会社員 ]
奥 直人のプロフィール画像
604 フリーク
フリークポイント
120 作品
レビュー本数
320 作品
鑑賞した映画
8
お気に入りされた数
  • 1 (19)
  • 2 (15)
  • 3 (16)
  • 4 (17)
  • 5 (35)
  • 6 (52)
  • 7 (54)
  • 8 (42)
  • 9 (38)
  • 10 (32)
プロフィール
映画暦15年。思いのままをレビューにぶつけていきます。
最新レビュー
ドクター・ストレンジのポスター
ドクター・ストレンジ
投稿: 2017年01月28日
8

アベンジャーズの戦いは、ついに四次元へ

 MCUに新たなヒーローが加わる。その名はドクター・ストレンジ。彼は魔法使いだ。強大な力を持ったヒーローが街を破壊しながら戦うのがアメコミ映画お決まりの見せ場になった昨今、物理的な力に頼らないアクションで差別化を図るあたりがいかにも商売上手...

マグニフィセント・セブンのポスター
マグニフィセント・セブン
投稿: 2017年01月27日
7

狙いを悪に、今こそ撃鉄を起こせ。

 アメリカでは銃の所有が認められている。民主主義の国だからだ。もし政府が国民の意思に反した悪政を行った時、国民は自らの手で主権を取り戻さなければならない。そのためには武器が必要で、じゃあ銃を持ちましょうという訳だ。  富と武力で街を支...

この世界の片隅にのポスター
この世界の片隅に
投稿: 2017年01月14日
10

あの頃、世界は色彩に満ちていた。

 平成生まれの自分にとって、戦時中の日本は歴史の資料集で見る白黒の世界だ。しかし、当時の記録媒体がそうだっただけで、実際の風景には色があった。当たり前だが、それに気付かせてくれる本作の意義は大きい。  当時は今のように娯楽もなければ生...

いつかティファニーのジュエリーを愛する人に・・・。

 世界的なジュエリーブランド、ティファニーの秘密に迫るドキュメンタリー。同社はギフトボックスを彩る「ティファニーブルー」と呼ばれるイメージカラーで有名だ。もともとはコマドリの卵から来ており、この色を生み出すための塗料の配合は企業秘密だそ...

ジュリエッタのポスター
ジュリエッタ
投稿: 2017年01月11日
7

そして母になる

 スペインのマドリードで暮らすジュリエッタは、街で偶然再会した知人から娘のアンティアを見かけたと告げられる。母と娘は12年前より一度も顔を合わせておらず、完全に疎遠になっていたのだ。衝撃を受けたジュリエッタは行く当てのない手紙を書きながら...

ザ・ギフトのポスター
ザ・ギフト
投稿: 2017年01月04日
8

どんな恨みを買ってしまうやら。同級生には優しくしておこう。

 転職を機に地元に戻ってきた男が、高校時代の同級生と再会。妻を交えて3人で交流を深めるも、かつての同級生はしつこいほどに男の家を訪ね、贈り物をしたりパーティーに誘ったりする。実はこの同級生、高校では「不気味な奴」とのあだ名をつけられ、周り...

われらが背きし者のポスター
われらが背きし者
投稿: 2016年12月28日
7

スパイの世界のリアル

 傑作「裏切りのサーカス」の原作者として知られるジョン・ル・カレの同名小説を映画化。休暇中にロシアのマフィアとひょんなことから知り合った夫婦は、とあるUSBメモリをイギリスの諜報機関であるMI6に渡してほしいと依頼される。それはマフィアのマネ...

ディズニーが紡ぐSWの神話性

 2015年よりディズニーの手でスタートした新SWシリーズ。1年おきに最新のエピソードがお披露目され、その間にスピンオフを挟むという万全の布陣だ。小説、アニメ、そして公式だけでなくファンによる二次創作も含めこれまで多くのスピンオフや外伝が語られ...

飛び出す絵本

 映画版「ハリー・ポッター」の見所は、何と言っても最新の映像技術で視覚化された魔法の世界だろう。新章となる「ファンタビ」でも再びファンタジックな世界を繰り出すが、今回は3Dが大きな追加要素となる。  「死の秘宝 PART2」でも採用された3Dだ...

るろうに剣心 伝説の最期編のポスター
るろうに剣心 伝説の最期編
投稿: 2016年11月21日
3

今更文句を言うのは野暮ですが・・・。

 遂に迎えた完結編。前二作が予想以上に楽しい作品だったので期待したが、結果はどうにも…。  アクションが凄いのはもちろんだが、個人的にこのシリーズで唸ったのは見た目の迫力ばかりに頼らない、剣心の心理を丁寧に追った演出の数々だ。過去を背負...

るろうに剣心 京都大火編のポスター
るろうに剣心 京都大火編
投稿: 2016年11月21日
6

ハリウッド的なスケールアップの続編

 京都で人斬り抜刀斎の後継者、志々雄真実が暗躍する。彼は幕末の浪人を組織して一大勢力を形成し、新政府転覆を虎視眈々と狙っていた。束の間の平穏を過ごしていた剣心は日本の未来を救うため、最後の戦いへと身を投じていく。  三部作の間をつなぐ...

るろうに剣心のポスター
るろうに剣心
投稿: 2016年11月21日
8

世界よ、これが時代劇だ。

 漫画は一切読まないので、予備知識ゼロでの鑑賞。てっきり剣心という名の主人公が人を斬って斬りまくる話なのかと思いきや、彼はかつて伝説の人斬り抜刀斎として数々の罪無き人々を殺戮した過去を悔やみ、殺さずの誓いを立てた身。「人を生かす剣術」で...

ジャック・リーチャー NEVER GO BACKのポスター
ジャック・リーチャー NEVER GO BACK
投稿: 2016年11月16日
6

初老を迎えたトムの、新たな魅力再発見

 二枚目スターが主演と来れば、恋を匂わせる若手の美人ヒロインが配されるのがセオリーだ。世紀の男前トム・クルーズがタイトルロールを演じる本作では、コビー・スマルダーズ演じるマッチョな女性少佐が用意されている。  住所不定、アメリカ各地を...

インフェルノのポスター
インフェルノ
投稿: 2016年11月13日
3

悪の美学

 「ダ・ヴィンチ・コード」に始まるロバート・ラングドン教授シリーズの第3弾。本作ではアメリカのとある大富豪が人口を激減させる驚異のウイルスで人類のリセットを目論むが、計画の一歩手前で命を落としてしまう。(注:これはネタバレではありません。...

ヤング・アダルト・ニューヨークのポスター
ヤング・アダルト・ニューヨーク
投稿: 2016年10月24日
5

ウディ・アレン風味のビターコメディ

 若いというのは良いことだ。可能性に満ち、エネルギーに溢れている。自分よりも若い人はやはり羨ましく見えるもの。ところが「最近の若いやつは」と言うように、世間知らずで無礼な彼らの振る舞いに憤慨することもあるだろう。「若者の○○離れ」といった...

エル・クランのポスター
エル・クラン
投稿: 2016年10月24日
7

独裁一家

 誘拐して身代金を要求する極悪ビジネスを営んでいた白髪の老人、アルキメデス・プッチオ。犯行には息子のアレハンドロも協力し、誘拐した人間を家の一角に設けた監禁部屋に閉じ込めていた。被害者の叫び声がかすかに漏れる中、何とプッチオ家は口裏を合...

スター・トレック BEYONDのポスター
スター・トレック BEYOND
投稿: 2016年10月24日
7

飛び出そう。最後のフロンティア、宇宙へ!

 2009年よりスタートした新生「スター・トレック」の魅力と言えば、熱い青春ドラマだ。勇敢だけど向こう見ずで感情的なカークと、時にはぶつかりつつも信頼関係で結ばれたスポック、そして各々の技能を生かしてチームプレーに貢献するクルーたち。肉付け...

ニュースの真相のポスター
ニュースの真相
投稿: 2016年10月23日
6

結局は誤報だったんでしょ?

 2004年、CBSの人気番組「60ミニッツⅡ」は、再選を目指すブッシュ大統領がベトナム戦争時に父親のコネを使って兵役逃れをしていたというスキャンダルを放送する。ところが番組が使用した証拠にねつ造疑惑が浮上し、世紀のスクープは一転してとんでもない...

ノック・ノックのポスター
ノック・ノック
投稿: 2016年10月21日
9

キアヌさん、何してはりますのん(笑)

 いや~、もうこれは一周回ってコメディですよ(笑)。クールな眼差しが印象的なキアヌ・リーヴスが、2人のギャルに翻弄される中年を熱演。美女に体をもてあそばれ、恥辱の限りを尽くしたあんなことやこんなことをやらされる始末。大スターがコ〇クをサ〇ク...

レビューバランス
  • 1 (19)
  • 2 (15)
  • 3 (16)
  • 4 (17)
  • 5 (35)
  • 6 (52)
  • 7 (54)
  • 8 (42)
  • 9 (38)
  • 10 (32)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
アカデミー賞2017

フリークのレビュアーたち

サトウ ムツオのプロフィール画像

サトウ ムツオ

ライター/エディター/ムービーバフ(映画狂)。責任編集のムック『007 Complete Guide ジェームズ・ボンドはお好き?』(マガジンハウス刊、1,500円)が11月30日発売。好きな監督は、クリント・イーストウッド(神)、マーティン・スコセッシ(神)。

Azumi Miyajiのプロフィール画像

Azumi Miyaji

エンタメ度高めな映画が好きです。アガれるか否かで評価する傾向有り。ドニーさん映画に甘い。ドニーさんが好き。

茅野 布美恵のプロフィール画像

茅野 布美恵

地方誌の編集者。映画は、ノンジャンルで鑑賞。基本的には、劇場で愉しむ主義です。その作品を観ないとわからないレビューになる傾向あり。情けない男が出てくる映画や、青春ものが好物。マイケルホリック(Michaelholic=マイケルホール心酔者)にして、パトリック(デンプシー)教徒。