Koshun Az

[ WEBデザイナー ]
Koshun Azのプロフィール画像
1035 フリーク
フリークポイント
148 作品
レビュー本数
345 作品
鑑賞した映画
61
お気に入りされた数
  • 1 (3)
  • 2 (2)
  • 3 (10)
  • 4 (9)
  • 5 (15)
  • 6 (23)
  • 7 (78)
  • 8 (118)
  • 9 (61)
  • 10 (26)
プロフィール
映画サイトを作ってます。他にもWebサイト、iPhoneアプリ制作などなど。
最新レビュー
ゲロッパ!のポスター
ゲロッパ!
投稿: 2012年11月17日
7

今こそゲロッパ!

西田敏行のドス&ダンス、常磐貴子のプチヤン的魅力、岸部一徳の想像以上のダンスのキレが堪能できるなかなかの娯楽作品。 見終わった後はSoulHeadのエンディング(この曲すごく好きだった当時)とともに、まさに、Everything's gonna be alright! とい...

007 スカイフォールのポスター
007 スカイフォール
投稿: 2012年11月12日
8

ボンドを通して英国の本気を見た!

空前の英国イヤーだった2012年。エリザベス2世の女王在位60周年にはじまり、ロンドンオリンピック、そして007シリーズは今年で50周年。そう考えると今年のイギリスは1年を通してお祭り状態。英国はそんなアニバーサリーな1年の締めをジェームズ・ボンドに...

ハッスル&フロウのポスター
ハッスル&フロウ
投稿: 2012年10月21日
10

ブラック映画歴代NO.1

日本公開時、この映画の日本版公式サイト製作を担ったことを幸せに思う。 主演のテレンス・ハワードがアカデミー賞主演男優賞でノミネート、歌曲賞ではオスカーを受賞している。楽曲提供はThree 6 Mafia、本当に最高なグループだ。 ラッパーになる夢を...

ロック・オブ・エイジズのポスター
ロック・オブ・エイジズ
投稿: 2012年10月10日
9

Super Power of ROCK!

興奮が冷めないうちに一言だけ書いておく。 「まだ観てないなら、いますぐ観に行け!!!!」 ロックは大音量でなくては始まらない! gleeが好きな女子も観に行くがいい! 今の時代に枯れているものがここにある! 止まるな、あきらめるな、自分...

ハンガー・ゲームのポスター
ハンガー・ゲーム
投稿: 2012年10月01日
7

So So Happy

観てきました。ハッピーハンガーゲーム! 気になるのはやはり面白いのか面白くないのかだと思うが、個人的には「すごく面白いとまではいかないが、決してつまらない作品ではない」という感想。評価を点数としてならば6点ぐらいだが、イエロー評価というよ...

プロメテウスのポスター
プロメテウス
投稿: 2012年09月29日
8

3Dで観る価値あり

人類の起源というテーマにするとなぜか突如あらわれる巨大な顔。たしか「ミッション・トゥ・マーズ」でも似たような感じのなかったっけなぁ〜とふと思う。あの作品はティム・ロビンスとゲイリー・シニーズをはじめとする汗臭いメンズ推しだったが、もし今...

アベンジャーズ(2012)のポスター
アベンジャーズ(2012)
投稿: 2012年08月26日
8

予想以上の仕上がり

有楽町の日劇3で鑑賞。公開からわずか1週間で日劇1をプロメテウスに譲るという上映スケジュール。このクラスの映画が日劇3だなんておかしい! 映画はすごく面白かったんだけど、丁寧に作られすぎたな〜という印象。もっと荒削りでよかったと思う。主演...

ダークナイト・ライジングのポスター
ダークナイト・ライジング
投稿: 2012年08月24日
8

絶望を描けば描くほど、希望に懸けたくなる

ジョーカーの時もかなりの絶望感を感じさせられたけど、今回はそれ以上。ただし、どんなに絶望的な状況になったとしてもあきらめずに立ち上がれば希望は見出される、そんなふうに私は受け止めました。1つの希望は1000の絶望を超えられる。 この映画はま...

リンカーン弁護士のポスター
リンカーン弁護士
投稿: 2012年08月13日
8

無罪と無実の違い

主演のマシュー・マコノヒー、見た目はスマート、でも決してエリートではない無名の弁護士役がとてもよく似合う。スーツの着こなし?それともしゃべり方?まあよくわからないけど、インチキなのか正義の味方なのかわかりにくいバランスがいいんだと思う。...

オン★ザ★ライン/君をさがしてのポスター
オン★ザ★ライン/君をさがして
投稿: 2012年08月08日
8

インシンクファンは外せない作品

インシンク(N'Sync)のランス・バス主演という理由だけで無条件でDVD購入した無類のインシンクファンですが何か?ちなみに同じくインシンクのメンバー、ジョーイも出演しています。キャスティングのみに惹かれて鑑賞したわりには物語がとっても心温まる感...

アメイジング・スパイダーマンのポスター
アメイジング・スパイダーマン
投稿: 2012年07月12日
7

映画はエンドロールが終わるまでが映画じゃないの?

主演のアンドリュー・ガーフィールドがスパイダーマンに適任だということも確認できた。彼の女性ファンも増えそうだ。敵役のリザードマンにもう1つパンチが欲しいという不満はあるけども、そんなのはまあ許容範囲。残念ながら日劇で観てしまったために、3D...

ロボットのポスター
ロボット
投稿: 2012年06月28日
8

インド人の憧れ全部入り

完全版での鑑賞、実は人生初のインド映画である。インド映画恒例の歌って踊っての部分が何度か登場するが、俺にとっては長くてちょっとしんどかったかも。だが、ヒロイン役の女優さんのズバ抜けた美貌とコスプレが後半あたりから俺の心を掴み始める。イン...

スカイ・ハイのポスター
スカイ・ハイ
投稿: 2012年06月27日
8

カート・ラッセルのこういうところが好きなんよ

いやぁHuluがなかったら一生見ることがなかったかもしれない作品だが、カート・ラッセルが出てるということで観てみた。これがまた予想外に面白い。面白いといってもスパイキッズ、エージェントコーディーといった類いの映画が好きな人限定かもしれないが...

メン・イン・ブラック3のポスター
メン・イン・ブラック3
投稿: 2012年06月14日
9

マンネリどころか、シリーズ最高傑作

なんとなしに3D映画を観たい気分だったのであまり期待もせずに観に行ったのだが、これが意外や意外、これぞエンターテインメントと言わんばかりにすごく面白かった。過去の2作も普通に楽しめるユーモア満載の映画なのだが、今作はユーモアに加え「感動」が...

バンク・ジョブのポスター
バンク・ジョブ
投稿: 2012年05月18日
6

わざと小ぶりな感じに仕上げた?

副題に堂々とトゥルーストーリーと書いてあるので、そういう頭で観ていたつもりだったのだが、、、こんな事件が英国で本当に起きていたなんて実に恐ろしい。しかし、物語は淡々と進むので、そのせいかやっぱりフィクションぽく思えてしまう、わざとそうし...

アイズ ワイド シャットのポスター
アイズ ワイド シャット
投稿: 2012年05月14日
8

シャットどころかワイドオープン、目が釘付け

何かと話題になった作品ではあるが、私がまず思ったのは画が美しいということ。トム・クルーズとニコール・キッドマンはただでさえ美男美女ではあるが、それが更に引き立てられるような美しい明るさで画が描かれているのだ。それでいて要所要所にコミカル...

カウチ・イン・ニューヨークのポスター
カウチ・イン・ニューヨーク
投稿: 2012年05月14日
8

恵比寿で観るにちょうどいいNY

劇場公開当時、私はこの映画を恵比寿ガーデンシネマで観た。タイトルからして優しい雰囲気を感じさせられるが、内容も実に優しい映画である。当時まだ学生であった私は、主演するジュリエット・ビノシュの魅力にまんまとはまってしまう。ヨーロッパ人の小...

ブレイドのポスター
ブレイド
投稿: 2012年05月10日
10

ウェズリー・スナイプスの最高傑作

最初に言っておくと、私はウェズリー・スナイプスが大好きです。パッセンジャー57もライジング・サンもデモリションマンも大好きです。でも中でもウェズリーにとって一番のハマり役だったのはやはりブレイドでしょう。 見て下さい、この角刈り。この頭で...

レビューバランス
  • 1 (3)
  • 2 (2)
  • 3 (10)
  • 4 (9)
  • 5 (15)
  • 6 (23)
  • 7 (78)
  • 8 (118)
  • 9 (61)
  • 10 (26)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

フリークのレビュアーたち

サトウ ムツオのプロフィール画像

サトウ ムツオ

ライター/エディター/ムービーバフ(映画狂)。責任編集のムック『007 Complete Guide ジェームズ・ボンドはお好き?』(マガジンハウス刊、1,500円)が11月30日発売。好きな監督は、クリント・イーストウッド(神)、マーティン・スコセッシ(神)。

芳賀 健のプロフィール画像

芳賀 健

週刊朝日で連載。総合映画情報サイト オスカーノユクエ管理人。Twitterでせっせと毎日最新映画ニュースを配信中。

岸岡 卓志のプロフィール画像

岸岡 卓志

孤高のイケメンチェイサー。映画に関する文章を書かせていただく等、地方都市から「映画」の素晴らしさを発信すべくがんばっています。