Koshun Az

[ WEBデザイナー ]
Koshun Azのプロフィール画像
1052 フリーク
フリークポイント
151 作品
レビュー本数
353 作品
鑑賞した映画
61
お気に入りされた数
  • 1 (3)
  • 2 (2)
  • 3 (10)
  • 4 (9)
  • 5 (15)
  • 6 (24)
  • 7 (78)
  • 8 (123)
  • 9 (62)
  • 10 (27)
プロフィール
映画サイトを作ってます。他にもWebサイト、iPhoneアプリ制作などなど。
最新レビュー
ウルヴァリン:X-MEN ZEROのポスター
ウルヴァリン:X-MEN ZERO
投稿: 2013年09月23日
7

ローガンがウルヴァリンになったという意味でもZEROでOK

ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを自分のものにした作品。 しかし、X-メン好きの私が最も注目していたのは 今作で初めて登場するガンビット(テイラー・キッチュ)だ。 X-メンのレギュラーメンバーであるにもかかわらず 3作目までは登場してこなか...

マラヴィータのポスター
マラヴィータ
投稿: 2013年09月12日
7

ディアナにメロメロ

テンポが良くて、家族4人全員が個性的で面白かった。 コメディ的要素もありつつも描写は結構ハード。 期待値よりも満足度が高かったので8点とした。 そんなことよりもこの作品は ミシェル・ファイファー(母)とディアナ・アグロン(娘)が超必見。 ...

スーパーマン・リターンズのポスター
スーパーマン・リターンズ
投稿: 2013年09月01日
7

私が知ってる最後のスーパーマン

「マン・オブ・スティール」を観る前に、あらためてリターンズを鑑賞。 この顔とお馴染みの主題歌は安心感がある。 監督ブライアン・シンガーが描く夜の描写も嫌いじゃない。 自分が小さい頃から知ってるスーパーマンはここまでを最終としよう。 「マ...

ワイルド・スピード EURO MISSIONのポスター
ワイルド・スピード EURO MISSION
投稿: 2013年07月20日
9

期待してなかったのに、すごい面白かった、、、

これは10点をつけてもおかしくないぐらい面白い。 6作目にしてこれだけの完成度、いいシリーズ作になったと思う。 1作目を超えれずにずっと来ていたワイルドスピードだったが、 私は今作をシリーズ最高傑作とさせていただきました。 オープニングで...

ブルーバレンタインのポスター
ブルーバレンタイン
投稿: 2013年07月01日
9

愛のままにわがままに、僕は君だけを傷つけない、つもりなんだけど

極めて不器用だけど、愛に飢えている一途な男ディーン。 必要とされたいだけなのに、うまく人生を歩めないそんな男。 夫婦でケンカをしている際にでも愛していると言えてしまう、 こんなにしつこいくらいに君を愛しているのにどうして伝わらないの。 ...

SP 野望篇のポスター
SP 野望篇
投稿: 2013年06月02日
4

The Movieの冠がついてこれだけ?

ほめられるところが音楽以外に見当たらない。 TVの人気シリーズの映画化であり、もちろんジャンルはアクション、 出演者も有名な俳優陣たちが顔を揃えるとなると この作品はアクション大作映画として本来は位置すべきだと私は思うのだが 音楽だけが大...

オブリビオンのポスター
オブリビオン
投稿: 2013年04月20日
8

SF具合は最上級クラス

想像していた以上にSF映画としての完成度が高い作品。『トロン:レガシー』の監督を器用したことは大正解と言える。『トロン:レガシー』では完全バーチャルの世界をあたかもそんな空間が存在するかのごとく私たちに見せつけてくれたわけだが、今作では未...

クラウド アトラスのポスター
クラウド アトラス
投稿: 2013年04月03日
7

説明するのは難しいが、壮大な話とだけは言える

映画『クラウド・アトラス』オフィシャルサイトの作品を匂わせた摩訶不思議な作りに興味がそそられ観ようと決意。監督はマトリックスのウォシャウスキー姉弟であるなら観てみないわけにはいかないはずなのだが、前情報としてどんな物語なのかが全くわから...

テッドのポスター
テッド
投稿: 2013年03月09日
9

爆笑とまでいかない笑いのバランスが好き

思っていたよりもテッドがかわいい。それが第一印象。 今年のアカデミー賞の司会を勤めたセス・マクファーレンの声が テッドというキャラをそこまで卑猥にさせていない感じにうけた。 セスがアカデミー賞でブラックなことを言う時に見せたやんちゃな表...

ゼロ・ダーク・サーティのポスター
ゼロ・ダーク・サーティ
投稿: 2013年02月16日
9

真実であろうとなかろうと震える内容であった

もしこの作品が昨年公開されていたら 私は間違いなくトップ5に入れていただろう。 ビン・ラディン暗殺の真実と聞いて重い内容をイメージしがちだが 見終わって重いものが残るということはない、大丈夫だ。 「久々に面白い映画観た」という声も会場でた...

生々しくない戦争映画

映画「永遠のゼロ」が公開される前に観ておきたかった作品。 海軍による海戦が中心に描かれているので戦争の生々しさはほとんどなく 海軍将校を筆頭に人物たちがかっこよく描かれている。 しかし、あまりにキレイな顔の男達をキャスティングしすぎたせ...

ロックアウトのポスター
ロックアウト
投稿: 2013年01月31日
7

ガイ・ピアースの男臭さに惚れた

ガイ・ピアース演じる主人公スノーのキャラクターが意外と悪くない。彼は過去にさまざまな役柄を演じてきたわけだが、40歳を超えてこれだけ真っ向勝負な骨太アクションヒーローを演じれるとは実にあっぱれ。その二の腕の筋肉を半分わけて欲しいほどだ。 ...

デート&ナイトのポスター
デート&ナイト
投稿: 2013年01月30日
7

マーク・ウォルバーグが素敵すぎ

主演の2人の掛け合いも笑えるのだが、 それよりも目がいっちゃうのがマーク・ウォルバーグの存在。 マークはどういう気持ちでこういった役を引き受けるのか知りたいw 『ザ・ファイター』のような真面目な作品もありながら この『デート&ナイト』や『...

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qのポスター
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
投稿: 2012年12月27日
8

受け入れれてしまった自分

エヴァは新劇場版から入った自分。オリジナルがどんなストーリーかはいまだに知らない。そんな中、これだけレビューが二分されている状況であれば、新参者である自分は今作『Q』の展開に絶対ついていけない方だろうな〜と予想していたのだ、、、、が、、、...

レビューバランス
  • 1 (3)
  • 2 (2)
  • 3 (10)
  • 4 (9)
  • 5 (15)
  • 6 (24)
  • 7 (78)
  • 8 (123)
  • 9 (62)
  • 10 (27)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
アカデミー賞2017

フリークのレビュアーたち

サトウ ムツオのプロフィール画像

サトウ ムツオ

ライター/エディター/ムービーバフ(映画狂)。責任編集のムック『007 Complete Guide ジェームズ・ボンドはお好き?』(マガジンハウス刊、1,500円)が11月30日発売。好きな監督は、クリント・イーストウッド(神)、マーティン・スコセッシ(神)。

川崎 タカオのプロフィール画像

川崎 タカオ

イラストレーターで食ってます。漫画も時々描きます。現在のオールタイム・ベスト・ムービーは『ザ・ミッション 非情の掟』です。邦画では黒沢清監督が好きなんですが新作が中々観られず寂しいですね。

Daisuke O-okaのプロフィール画像

Daisuke O-oka

某メディア企業で取材・出稿を伴うVTRディレクターをやってます。映画製作ビジネスの経験有り。そのうち何かやってやろうとユルく模索中。映画以外では、スノーボードや自転車ほかアウトドア全般、マンガに読書、クルマ、ねこ、これからの社会の動きなど、興味は全方位。よろしくです。