Koshun Az

[ WEBデザイナー ]
Koshun Azのプロフィール画像
1052 フリーク
フリークポイント
151 作品
レビュー本数
353 作品
鑑賞した映画
61
お気に入りされた数
  • 1 (3)
  • 2 (2)
  • 3 (10)
  • 4 (9)
  • 5 (15)
  • 6 (24)
  • 7 (78)
  • 8 (123)
  • 9 (62)
  • 10 (27)
プロフィール
映画サイトを作ってます。他にもWebサイト、iPhoneアプリ制作などなど。
最新レビュー
そして父になるのポスター
そして父になる
投稿: 2014年12月12日
10

是枝監督と同じ気持ち、だから10点

ケイタ君がうちの娘に似すぎていて感情移入が半端ない。まあそれは置いといて、この作品はこの終わり方で良かった、答えは出せないし、出して欲しくない。点数を引ける要素が私には全くありませんでした。おそらく自分が監督をしたとしても全く同じように...

きっと、うまくいくのポスター
きっと、うまくいく
投稿: 2014年12月11日
9

うまくいくと思えばうまくいくもんなんだよ、結局

最後の最後まで面白かった。 主人公ランチョーのカリスマ性がたまらなく魅力的。よく見て、よく考えて、笑って、泣いて、全てのことにド直球なランチョーが好きになる。ポジティブに!という言葉で表されるような一時的な前向きさではない。人間が抱く恐...

グランド・マスターのポスター
グランド・マスター
投稿: 2014年12月06日
6

チャン・ツィイーと組み手がしたい

カンフーをやっている中国人はこんなにも静かなイメージなのに、現実の中国人はそのかけらも無いように思えて、そのギャップが自分の中では気になって仕方が無い。いつからこんなふうに思うようになったんだろう。自分たちが幼い頃はカンフーによく憧れた...

インターステラーのポスター
インターステラー
投稿: 2014年12月02日
10

観るのではなく受け取る

自分がまだ学生の時に映画への興味を持ったのは、「面白いから」でも「感動したから」でも無い。日常にはない「すごい」と思える時間を存分に味合わせてくれたからなんだと、この映画を観てあらためて気づかされた。忘れかけてたよ、自分にとって映画とは...

ハンガー・ゲーム2のポスター
ハンガー・ゲーム2
投稿: 2014年11月23日
8

3作目も観ること決定

前作よりもスケールアップし、主人公カットニス(ジェニファー・ローレンス)もあいかわらず魅力たっぷりで、もっと評価されてもいい映画だと思うんだけどなぜこんなにも評価が低い!?自分の感覚がおかしいのかと思ってロッテントマトの評価をチェックし...

フィフス・エレメントのポスター
フィフス・エレメント
投稿: 2014年11月09日
10

SF映画としての最高の異色作

やっぱり今見ても面白い。劇場公開時、高校生だった私は、新百合ケ丘に出来たばかりのワーナーのシネコンで友達とこの作品を観賞し、興奮状態で映画館を後にしたのを今でも記憶している。 監督がリュック・ベッソンだからどうとかは関係なく、娯楽映画...

ワン・ダイレクション THIS IS USのポスター
ワン・ダイレクション THIS IS US
投稿: 2014年11月08日
8

やんちゃで自由な彼らの魅力

ワン・ダイレクション(以下、1D)ファンならば必見のドキュメンタリー。従来の男性アイドルグループとは革命的に違うスタイルを作った彼ら。何が違うって、アイドルなのにアイドルらしくなかったり、踊りはバラバラだし、どこの国に行ってもやんちゃでや...

GODZILLAのポスター
GODZILLA
投稿: 2014年10月30日
8

ゴジラは日本の宝だ!あきらかに!

イラストレビュー

ザ・タワー 超高層ビル大火災のポスター
ザ・タワー 超高層ビル大火災
投稿: 2014年10月26日
8

全然B級じゃなかった!!

すごい面白かった。 なぜお隣韓国はこんなにも迫力ある映画が作れるのだろうか。 リアルで緊張感ありで生々しい。 話は典型的なタワー型大災害ムービーだが 韓国お得意の複数同時進行系の人間模様が絡んですごく良い。 親子、恋人、夫婦、上司と部下...

ホワイトハウス・ダウンのポスター
ホワイトハウス・ダウン
投稿: 2014年10月11日
6

予告編までは良かったのに

ホワイトハウスを舞台にした映画が同じ年に2つも公開された2013年。「ホワイトハウス・ダウン」と「エンド・オブ・ホワイトハウス」。もうこのテーマで映画を撮る監督はしばらく現れないだろう。 監督はもちろんローランド・エメリッヒ。毎度のことなが...

横道世之介のポスター
横道世之介
投稿: 2014年09月24日
9

このポスターよくわからんけど、映画はすごく気持ちいい

高良健吾演じる横道世之介のような友人が自分の過去にも欲しかった。 これまで見てきた高良健吾の印象が大きく変わった。 綾野剛演じる加藤が恋人に言ったセリフが観賞後にじわじわくる。 「横道世之介を知ってるだけでなんか得した気分だわ」 いや...

グランド・イリュージョンのポスター
グランド・イリュージョン
投稿: 2014年09月16日
7

マジシャンってかっこいいが大前提にあるよね

映画が面白いというよりもマジックを見ているのが面白い。 映画の評価だけでは決してグリーンゾーン(評価7以上)にいかないのだが、 主人公4人が見せるイリュージョンがゴージャスで十分に楽しめたので 結果的にはグリーンの7、見ても良い映画と判断し...

アナと雪の女王のポスター
アナと雪の女王
投稿: 2014年08月23日
10

観る前7点、観た後10点

10点つけました。他に10点をつけた人たちの気持ちがよくわかる。 これ、大人にとって面白いと感じる映画の要素をあえて排除して、子供にとって面白いものを作ろうというディズニーの思いを感じました。子供にとって面白いものは大人にとっては少し物足り...

ショート・タームのポスター
ショート・ターム
投稿: 2014年08月12日
10

友達全員に自信をもってお勧めしたい今年No.1作品

見終えた後の充実感が半端なく、今年絶対に観に行って欲しい映画トップ3には必ず入るであろう作品。現時点では余裕で1位だし、昨年観たどの映画よりもいまだに私の中では1位。騙されたと思って観に行っても間違いない作品。 映画の内容は言わない。むし...

ウルヴァリン:SAMURAIのポスター
ウルヴァリン:SAMURAI
投稿: 2014年08月02日
3

ミュータント不在に見えてしまった

X-MENシリーズの流れ的に、新たなるX-MENの始まりに向けた一旦の最終章と言える作品だとは思うのだが、パッと見はちょっとやりすぎのスピンオフに見えて仕方ない。やはり日本にウルヴァリンがいること自体がギャグでしかない。 原作コミックにも日本は...

クリス・パインがただのやんちゃ小僧

大満足だった前作に比べて、感動も無ければ興奮もスケールも弱い。前作ではバッチリだと思っていたヤングカークとヤングスポックだが、今作で主人公2人に対する待っていました感が微塵も感じられなかったのは何故だろう。クリス・パイン版カークへの信頼感...

アメイジング・スパイダーマン2のポスター
アメイジング・スパイダーマン2
投稿: 2014年07月11日
8

シリーズ5作目でもまだ楽しめるとは!

さすがにスパイダーマンシリーズ5作目ともなると、新鮮なものが期待できないかなと思っていたのだがそんなことは無い。クモの糸だけでこんなにもユニークな戦い方のバリエーションがあるなんてスゴいとしかいいようがない。物語の深さよりもよりエンターテ...

キャビンのポスター
キャビン
投稿: 2014年06月01日
8

これは斬新わろたわろた

高評価の人たちを信頼して前情報無しでようやく観た。 前半は普通によくあるパターンなのかなと思っていたけど 後半、予想もしてなかった展開になって驚愕。 でも、このクオリティをしれっと作るあたりがハリウッド。 こんなアホな作品ハリウッドでし...

ライジング・ドラゴンのポスター
ライジング・ドラゴン
投稿: 2014年05月03日
7

ジャッキーは広東語の方がいいなぁ

西洋人にまでコミカルな演技をさせてしまうジャッキー映画。 あいかわらずヒロインはマギー・チャンタイプなんですね。 映画全体的に笑わせようとしすぎでちょっとシンドイ。 でも、後半の敵アジトからの対決は見応えがある。 ソファ上での戦い、女同...

レビューバランス
  • 1 (3)
  • 2 (2)
  • 3 (10)
  • 4 (9)
  • 5 (15)
  • 6 (24)
  • 7 (78)
  • 8 (123)
  • 9 (62)
  • 10 (27)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
アカデミー賞2017

フリークのレビュアーたち

サトウ ムツオのプロフィール画像

サトウ ムツオ

ライター/エディター/ムービーバフ(映画狂)。責任編集のムック『007 Complete Guide ジェームズ・ボンドはお好き?』(マガジンハウス刊、1,500円)が11月30日発売。好きな監督は、クリント・イーストウッド(神)、マーティン・スコセッシ(神)。

古泉 智浩のプロフィール画像

古泉 智浩

こんにちは、新潟在住のマンガ家の古泉智浩です。東京にもアパートを借りているんですが、テレビが無いに等しいので上京中は映画ばっかり見ています。新潟では映画館とWOWOWでよく見ます。

小口 心平のプロフィール画像

小口 心平

映画宣伝プロデューサーであり、毎週必ず劇場で新作を観る、いち映画ファン。