映画『クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』レビュー

中国と台湾、父親と小スー、そんなところに辿り着かなくてもいい・・・

○光と闇、懐中電灯、ろうそく、自然光等、撮影と照明に関してだけを観る一回目。
○教室、体育館、廊下等の校内、民家付近、演習場近くの音だけに集中して観る二回目。
○美術、装飾、小道具を集中して観る三回目。
○そして・・・カメラが向いていない場所での芝居、照明が当たっていない場所での大乱闘、両方の雄弁さを観る四回目。

それぞれが素晴らしすぎる大傑作だけど、一度にそれを感じながら鑑賞するのも難しい作品でもある。
というのをチャン・チェンの自宅で話しながら、本作のポスター前で彼と記念撮影した写真がツイッターのアイコンです。

10
クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

メッセージのポスター

空から降ってきたバベルの塔

  人類が天へと届く巨大な塔を建設していると、神は戒めとし...

マイ・インターンのポスター

気持ちの良い作品

 生きがいを見失っていた老人インターンと仕事と家庭、夫の不...