映画『リミットレス』レビュー

いまいっぽ

普段は20%しか使われていない脳を100%に活性化できる錠剤。
それを飲んだ主人公の生活は一変する。
ありがちな設定ながらもファンタジーにはならないように
うまく収まっているように思う。

人は意識して記憶していないと思っていたことでさえも
無意識のうちに(潜在意識下において)脳が記憶をしてくれている。
一夜にして急激な成長を遂げる理由はここにある。
1粒飲めばたちまち頭が冴えキレキレの状態、
しばらく時間が経てば元に戻ってしまう。
そんなONOFFの演技はブラッドリー・クーバーの得意とするところ。

ただし、なかなか面白い設定が用意されたなと感じつつも、
その面白さの50%程度しか生かせずに物語は淡々と進む。
脳が100%活性化したらもっと恐ろしい展開を用意できただろうに。
ロバート・デ・ニーロを起用するくらいならなおのこと。
リミットレス2に期待!(絶対作られることはないでしょう)

6
リミットレスのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
Koshun Azのプロフィール画像

Koshun Az

映画サイトを作ってます。他にもWebサイト、iPhoneアプリ制作などなど。

映画『リミットレス』に対するKoshun Azさんのレビューにコメントする

アカデミー賞2017

こんな作品もレビューされてます

マイティ・ソー バトルロイヤルのポスター

雷神・ライジング

  以前どこかのサイトで「映画とは破壊と再構築だ」的な理論...

女神の見えざる手のポスター

オピニオンリーダー・チャステイン

 米国に遅れること1年の日本公開となったが、相次ぐ銃乱射事...

ゲット・アウトのポスター

アメリカで黒人であること

 どっひゃ~! これはとんだ怪作、快作だ。 現代の低予算ホ...