映画『海にかかる霧』レビュー

結局殺し合い・・

BS初見。韓国映画。
資金繰りに困るしがない漁船が、金の為に中国から密航を引き受ける。
多くの朝鮮族を密航させるが、ガス漏れの為に、その殆どを死なせてしまう。
発覚を恐れた船長は、彼を切り刻んで海に捨てるが、生き残りがいて・・というお話。
最後は生き残りの女性を奪い合って、船員同士で殺し合い・・。
韓国の映画の特徴の一つだが、なぜか最後は殺し合い・・。
陰惨な作品でした。

4
海にかかる霧のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
加来 誠之のプロフィール画像

加来 誠之

繰り返し見る派なので、DVD中心。
シネコン時代になってから大型スクリーンの小屋が減ったので、映画館に行く回数は確実に減ってますね。他のレビューサイトから引っ越してきました。

映画『海にかかる霧』に対する加来 誠之さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

ミッドナイト・サン タイヨウのうたのポスター

うた唄いの恋

  つまらない作品がリメイクされることはないが、その逆は十...

ヴァレリアン 千の惑星の救世主のポスター

圧倒的な創造量の多さ

 リュック・ベッソン監督の描くSFの世界観が好き。 SF映画を...

レッド・スパローのポスター

あ~また騙されると思いながら僕はどんどん堕ちていく

 ああうそつき映画と怒りながら僕は人生かたむける。 久しぶ...