映画『海にかかる霧』レビュー

結局殺し合い・・

BS初見。韓国映画。
資金繰りに困るしがない漁船が、金の為に中国から密航を引き受ける。
多くの朝鮮族を密航させるが、ガス漏れの為に、その殆どを死なせてしまう。
発覚を恐れた船長は、彼を切り刻んで海に捨てるが、生き残りがいて・・というお話。
最後は生き残りの女性を奪い合って、船員同士で殺し合い・・。
韓国の映画の特徴の一つだが、なぜか最後は殺し合い・・。
陰惨な作品でした。

4
海にかかる霧のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
加来 誠之のプロフィール画像

加来 誠之

繰り返し見る派なので、DVD中心。
シネコン時代になってから大型スクリーンの小屋が減ったので、映画館に行く回数は確実に減ってますね。他のレビューサイトから引っ越してきました。

映画『海にかかる霧』に対する加来 誠之さんのレビューにコメントする

アカデミー賞2017

こんな作品もレビューされてます

マイティ・ソー バトルロイヤルのポスター

雷神・ライジング

  以前どこかのサイトで「映画とは破壊と再構築だ」的な理論...

女神の見えざる手のポスター

オピニオンリーダー・チャステイン

 米国に遅れること1年の日本公開となったが、相次ぐ銃乱射事...

ゲット・アウトのポスター

アメリカで黒人であること

 どっひゃ~! これはとんだ怪作、快作だ。 現代の低予算ホ...