映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』レビュー

起伏はないが名演技

監督:スティーブン・フリアーズ

音痴なマダム・フローレンスがいろいろあって音楽の殿堂カーネギーホールでコンサートを開く実際にあった話で、笑いあり感動ありで見てて疲れない映画だった。
ただ、実話を映画にするとどうしてもそこまで飛び抜けた展開にはならないので一定で進む
しかし、そこがこの作品の良さかも知れないし、だからこそメリル・ストリープと、ヒュー・グラントの演技の良さが光るのかもしれない、ひとつの感情でも、色々な面を見せてくれる。

点数は低く付けたがメリル・ストリープとヒュー・グラントが好きな方にはでひ見ていただきたい!

5
マダム・フローレンス! 夢見るふたりのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
木船 大輔のプロフィール画像

木船 大輔

映画を見て思ったままに点数つけるので、結構まとはずれな点もありますが
考えたりしてその時によって点数変わっちゃうので気にしないでくださいww

いろいろ映画で語れたらおもしろいので、コメント大歓迎ですよ

映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』に対する木船 大輔さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

新聞記者のポスター

【この国の民主主義は形だけでいいんだ】

 おもしろい! どれくらいおもしろかったか? 横のおじ...

パティ・ケイク$のポスター

ニュージャージーのラッパー NR

 ニュージャージー版、 サイタマのラッパー? ニュージ...