映画『ぼくのおじさん』レビュー

ほのぼの映画

監督:山下敦弘

何も考えずに観れるかなと思って観てその通りでよかったが、おじさんがちょっと中途半端なできで、後半になるにつれ笑える要素は少なくなって行く。
ほっこりするシーンもあるのだが、寅さん風なのか違う路線なのかこれまた中途半端で残念だった。
子役の『ぼく』こと雪男は通しでよかっただけに、おじさんの中途半端な哲学キャラはなんだったんだろうと思わせるできだった。

もしかしたら続編も?みたいな感じもかもしだしてたが
これは続編よりじっくり説明できるドラマのほうがいいだろうな

4
ぼくのおじさんのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
木船 大輔のプロフィール画像

木船 大輔

映画を見て思ったままに点数つけるので、結構まとはずれな点もありますが
考えたりしてその時によって点数変わっちゃうので気にしないでくださいww

いろいろ映画で語れたらおもしろいので、コメント大歓迎ですよ

映画『ぼくのおじさん』に対する木船 大輔さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

凪待ちのポスター

heyheyheyboy いつのひにかまたしあわせになりましょう

 久しぶりに背中でも感情を表現する事ができる役者さんを見た...

7号室のポスター

じゃない方・・・

 日本の70年代のテレビドラマのような作品。 派手な事件は...

ガラスの城の約束のポスター

論理よりも心理(感情)

 ウディ・ハレルソンとナオミ・ワッツ。 ホームレスを演じ...