映画『何者』レビュー

大学の就活経験者とTwitterヘビーユーザーに刺さる作品 だろう

監督:三浦大輔

まず、自分は大学生をへて就活をしてないので、この作品の軸である就活のやりとりを知らなく、説明なく進むのを自己解釈しながら見てたので共感がほぼない
Twitterもそこまで使ってないので、そこに関しても危機感はあったものの、ちょっとやり方がヘボすぎる。

って事から、作品の展開は楽しかったし、驚きもあった!なのに響かなかった!!
なので、ちょっと点数低いです。ってことを前置きにしておきます。


出てる役者さんが主役級ばかりなので、そこは見ごたえ有り
色々なタイプの人間がかかれてもいるので現実の一種のリアルを見せられてて怖さもあるなかで、ほんまこんなやついてるわ~と見てた。
自分が誰に当てはまるか、自分のまわりの友達が誰かとか思いながら見ても楽しかった。

現代のスマホ世代の新たな人間性を見せた映画だった。

4
何者のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
木船 大輔のプロフィール画像

木船 大輔

映画を見て思ったままに点数つけるので、結構まとはずれな点もありますが
考えたりしてその時によって点数変わっちゃうので気にしないでくださいww

いろいろ映画で語れたらおもしろいので、コメント大歓迎ですよ

映画『何者』に対する木船 大輔さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

新聞記者のポスター

【この国の民主主義は形だけでいいんだ】

 おもしろい! どれくらいおもしろかったか? 横のおじ...

パティ・ケイク$のポスター

ニュージャージーのラッパー NR

 ニュージャージー版、 サイタマのラッパー? ニュージ...