映画『ジェイソン・ボーン』レビュー

定番化してきたか・・・

監督:ポール・グリーングラス

久々の[ボーン]シリーズ復活ながら、そこまで今作に目新しさはなくこの作品の今までの演出であった。前のまま完結でよかったのではないか・・・
新作を作るならもっと派手に転換してもよかったような
ジェイソン自体も神格化されてるイメージで、前作ほどの劇中のハラハラドキドキや、手に入れた数少ない身近なもので即席の武器や錯乱道具にするスパイアクションがそんなになく、あれもこれも結構ご都合主義で進んでたイメージだ。
すごい訓練をしてきたのはわかるが、キャプテンアメリカのような強化人間ではないのだから

映像の見せ方や、話の流れも、スピーディーに見せようとしてなのかちょっとごちゃってしてた。

ま、このシリーズが好きなんでちょっと辛口になったが、アクションは派手だし、このシリーズらしいと言えばらしい仕上がりで、わちゃわちゃした洋画好きには満足の作品だ。

5
ジェイソン・ボーンのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
木船 大輔のプロフィール画像

木船 大輔

映画を見て思ったままに点数つけるので、結構まとはずれな点もありますが
考えたりしてその時によって点数変わっちゃうので気にしないでくださいww

いろいろ映画で語れたらおもしろいので、コメント大歓迎ですよ

映画『ジェイソン・ボーン』に対する木船 大輔さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

新聞記者のポスター

【この国の民主主義は形だけでいいんだ】

 おもしろい! どれくらいおもしろかったか? 横のおじ...

パティ・ケイク$のポスター

ニュージャージーのラッパー NR

 ニュージャージー版、 サイタマのラッパー? ニュージ...