映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』レビュー

この先、長そうだ・・・

初見。バットマンとしては、ダークナイト三部作の後のリブート。スーパーマンとしては2作目。強大な守護者としてスーパーマンが君臨するが、その影に多くの犠牲者があり、それは15年前の911に重なる。本作でスーパーマンの宿敵・レックス・ルーサーの登場となるが、彼は基本的には矮小な悪。矮小な悪によって、スーパーマンとバットマンが対立し、大きな被害で出るというのも、現在のアメリカによる力による支配を描いている印象。ダークナイトの流れか、かなりのリアル志向。ワンダーウーマンなど次作以降に繋がるキャラも登場するが、おおよその流れは2020年くらいまで続くようなので、アヴェンジャーズの流れをアイアンマンから見直す程度の根気が必要そう。マーヴェルの成功を見てのDC連作と思うが、観客囲い込みが徹底してるよね・・。

7
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
加来 誠之のプロフィール画像

加来 誠之

繰り返し見る派なので、DVD中心。
シネコン時代になってから大型スクリーンの小屋が減ったので、映画館に行く回数は確実に減ってますね。他のレビューサイトから引っ越してきました。

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』に対する加来 誠之さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

凪待ちのポスター

heyheyheyboy いつのひにかまたしあわせになりましょう

 久しぶりに背中でも感情を表現する事ができる役者さんを見た...

7号室のポスター

じゃない方・・・

 日本の70年代のテレビドラマのような作品。 派手な事件は...

ガラスの城の約束のポスター

論理よりも心理(感情)

 ウディ・ハレルソンとナオミ・ワッツ。 ホームレスを演じ...