映画『ブルックリン』レビュー

“新しいアメリカ人”へ

愛すべき小品である。1950年代、職を求めてアイルランドから単身NYへ渡った少女が働き、勉学に励み、恋をする。毎夜、故郷を想い、最愛の姉からの手紙に枕を濡らしながらも人々の善意に助けられ、やがて自分の居場所を見出していく。そうして彼女は“新しいアメリカ人”へとなっていく。
そもそもアメリカとはそういう成り立ちの国であった。にも関わらず、時の大統領候補が人種の違い、国の違いを殊更に騒ぎ立て、今やヘイトの嵐はアメリカのみならず世界中で吹き荒れている。そんな世情にあってこの映画は今一度、アメリカが人々の希望と善意によって成長してきた国だという原風景を映し出しているのである。

そして本作は故郷を離れ、一人で新たな人生を歩み出した事がある人なら誰にでも訴える普遍的な物語でもある。主人公エイリシュは初めこそ自信なさ気にNYで暮らし始めるが仕事、勉強、恋愛の1つ1つが彼女に自信を与え、アイデンティティを形成していく。
ところが中盤、ある事情で帰省した彼女は故郷の居心地の良さも再確認してしまうのである。果たして自分の“現在進行形”とはどこなのか?そんな惑いを体現する象徴としてNYには情熱的なイタリア系移民のトニーが、アイルランドには素朴だが気品あるジムが配置され、エイリシュは心揺れるのである。

既に夫トニーがありながらジムと惹かれ合う展開は一歩間違えれば俗っぽいメロドラマに陥りかねない所だが、シアーシャ・ローナンはその弱さに真実味を与える事に成功している。時に病的ですらあったか細い少女から、アイリッシュ女ならではの腰回りの太い、大人の女へ。アイルランド女優としての意地も感じられる本作は彼女が子役から大人の女優へ脱皮したという事だけでなく、終生の代表作として記憶される事だろう。実質助演であった「ルーム」のブリー・ラーソンよりもアカデミー主演女優賞はシアーシャにあげたかった。

10
ブルックリンのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
長内那由多のプロフィール画像

長内那由多

タマネギ畑が広がる北海道のド田舎で多感な思春期を過ごす。中学2年生で「恋人までのディスタンス」のジュリー・デルピーに恋をする⇒メインの更新は本館ブログへ移行しました。こちらでは劇場公開作についてたまにアップします。

映画『ブルックリン』に対する長内那由多さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

凪待ちのポスター

heyheyheyboy いつのひにかまたしあわせになりましょう

 久しぶりに背中でも感情を表現する事ができる役者さんを見た...

7号室のポスター

じゃない方・・・

 日本の70年代のテレビドラマのような作品。 派手な事件は...

ガラスの城の約束のポスター

論理よりも心理(感情)

 ウディ・ハレルソンとナオミ・ワッツ。 ホームレスを演じ...