映画『シン・ゴジラ』レビュー

日本映画界 vs ゴジラ ジャスティスの誕生

 映画の大半を占めるのは、突如として現れたゴジラの対応に追われる政府関係者の描写だ。首都を横断するゴジラの行動から徹底して習性を分析し、専門家に有効な対策の意見を仰ぎ、軍事・経済・人命救助などのあらゆる観点から作戦の効果と被害を想定する。素人目からすれば一体どこまでリサーチしたんだよと言いたくなるほどのリアリティで、「もし本当にゴジラが日本に上陸したら?」という仮定を完璧にシミュレーションした印象だ。

 津波のように街を飲み込むゴジラの破壊力、逃げ惑う人々、飛び交う風評や憶測、そして放射線が引き起こすパニックなど、本作は明らかに3/11の影響が見て取れる。人間の力ではどうにもできない本作のゴジラは、まさに予測不可能な災害や制御不能な原子力の比喩だ。ゴジラは今の日本が抱える政治・外交・経済・国民生活といった全方位に対するリスクの象徴で、「ニッポン対ゴジラ」を地で行く国難の行方から一秒たりとも目が離せない。

 公開前からネット上ではネガティブな声が少なくなかったが、そのプレッシャーの中でこれだけの傑作を完成させた製作陣には、ただただ頭が下がる思いだ。総力を挙げてゴジラを迎え撃つニッポン人こそ、日本映画界の前線を死守する正義の防衛軍である。

10
シン・ゴジラのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
奥 直人のプロフィール画像

奥 直人

映画暦15年。思いのままをレビューにぶつけていきます。

映画『シン・ゴジラ』に対する奥 直人さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

凪待ちのポスター

heyheyheyboy いつのひにかまたしあわせになりましょう

 久しぶりに背中でも感情を表現する事ができる役者さんを見た...

7号室のポスター

じゃない方・・・

 日本の70年代のテレビドラマのような作品。 派手な事件は...

ガラスの城の約束のポスター

論理よりも心理(感情)

 ウディ・ハレルソンとナオミ・ワッツ。 ホームレスを演じ...