映画『スポットライト 世紀のスクープ』レビュー

調査報道への称賛

2002年、ボストングローヴ紙の特集コーナー“スポットライト”がカトリック教会による児童性虐待を報じるまでを描いた本作は、事件の全容や一大センセーションとなった結果よりも調査報道における情熱と探求心を描いたという点で名作「大統領の陰謀」の直径子孫のような印象を受けるが、大きな違いは現代における紙媒体ジャーナリズムの衰退が背景にある事だろう。本作はしばしば忘れられてきたジャーナリズムへの称賛でもあるのだ。何の変哲もない地方紙記者4人がやがて世界的なスキャンダルを暴きだすダイナミズムこそ、個と全がつながる報道の本質ではないだろうか。

この事件の特殊さはボストンという一種の“村社会”の閉鎖性にある。2人に1人がカトリック信者という信仰心の篤さと貧富の格差。それらが神父や教会の傲慢さを助長し、周囲の人々に見て見ぬふりをさせたのではないだろうか。トム・マッカーシー監督は事件に対する各人のリアクションに注目し、素晴らしいアンサンブルを生み出した。中でも学生時代の教師(神父)によるいたずらを自分にはふりかからなかったばかりに“何でもない事”として記憶の奥底に閉まっていた事に気付くマイケル・キートンの演技はこの老優がキャリアの円熟期に入った事を証明している。

しかし、この映画の最も強烈な演技はスター俳優たち以上に真に迫る被害者役の無名俳優達だろう。一見、社会に溶け込んでいるように見えて明らかに居場所を失くしてしまった人々の心のズレをその誰もがさり気なく演じており、まるで当事者ではないかと錯覚してしまうような迫力がある。この演出こそ俳優出身監督マッカーシーの真骨頂ではないだろうか。

神父から受けた虐待は神に裏切られた事と同義であり、魂に対する虐待である。声をあげる事のできなかった被害者達の苦しみに光を当て、調査報道の重要性を知らしめた意義深いオスカー受賞であった。

9
スポットライト 世紀のスクープのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
長内那由多のプロフィール画像

長内那由多

タマネギ畑が広がる北海道のド田舎で多感な思春期を過ごす。中学2年生で「恋人までのディスタンス」のジュリー・デルピーに恋をする⇒メインの更新は本館ブログへ移行しました。こちらでは劇場公開作についてたまにアップします。

映画『スポットライト 世紀のスクープ』に対する長内那由多さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

新聞記者のポスター

【この国の民主主義は形だけでいいんだ】

 おもしろい! どれくらいおもしろかったか? 横のおじ...

パティ・ケイク$のポスター

ニュージャージーのラッパー NR

 ニュージャージー版、 サイタマのラッパー? ニュージ...