映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』レビュー

戦いは始まったばかり

DCコミックスの主力キャラ、初の夢の共演。
冷静に考えると圧倒的な力差のあるバットマンとスーパーマン。
漫画だったからこそ可能だった物語をあえて実写化するというのだから
スタート地点からしてめちゃめちゃハードルが高い。
映像化不可能どころか、現実的ストーリー化不可能なレベルのものを
まあよく完成までさせたねと褒めたい。
観る前はザック・スナイダー監督にケチつけようと思ってたほどだ。

少し残酷な描写やケチをつけたくなる部分はハッキリしているし
誰がみてもおおむね同じ箇所を残念に思ったにちがいない。
それをふまえても私は本作をおもしろかったと言いたい。
胸になにかが大きく残っている。
「おもしろかったけどなんか物足りなかった」アベンジャーズよりも
「いろいろ文句いいたいけどおもしろかった」バットマンVSスーパーマン
私はこっちの方に軍配をあげたい。

とはいえ、続編が作られるのであれば(間違いなく作られますね)
本作に登場した敵以上の強敵が現れるはずなのだから、
バットマンの扱い方、きわめて難しい挑戦となることだろう。
逆にいえば、バットマンの進化(強化)が期待できるともいえる。
もし自分が次作を監督するならばどのように戦わせるだろうか、
そう考えてみるだけでも想像力が掻き立てられる。
DCはマーベルに負けてられないのだ。
まだアメコミ対決は始まったばかり、これからこれから!

8
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
Koshun Azのプロフィール画像

Koshun Az

映画サイトを作ってます。他にもWebサイト、iPhoneアプリ制作などなど。

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』に対するKoshun Azさんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

凪待ちのポスター

heyheyheyboy いつのひにかまたしあわせになりましょう

 久しぶりに背中でも感情を表現する事ができる役者さんを見た...

7号室のポスター

じゃない方・・・

 日本の70年代のテレビドラマのような作品。 派手な事件は...

ガラスの城の約束のポスター

論理よりも心理(感情)

 ウディ・ハレルソンとナオミ・ワッツ。 ホームレスを演じ...