映画『コードネーム U.N.C.L.E.』レビュー

アゴ割れ撫で肩マッチョ

初見。ガイ・リッチーの新作。冷戦時対立のアメリカとソビエトの諜報員が協力して、ナチス残党の核計画を追うってお話。ちょこちょことガイリッチーらしさを織り交ぜて、スタイリッシュアクション・・と言いたいところなのだろうが、アクション・テンポ・悪役と三拍子揃って悪い。主演は『マン・オブ・スティール』のアゴ割れ撫で肩マッチョのヘンリー・カヴィル。00やMIシリーズを超えたいらしいが、出直して来いってレベル。

3
コードネーム U.N.C.L.E.のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
加来 誠之のプロフィール画像

加来 誠之

繰り返し見る派なので、DVD中心。
シネコン時代になってから大型スクリーンの小屋が減ったので、映画館に行く回数は確実に減ってますね。他のレビューサイトから引っ越してきました。

映画『コードネーム U.N.C.L.E.』に対する加来 誠之さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

新聞記者のポスター

【この国の民主主義は形だけでいいんだ】

 おもしろい! どれくらいおもしろかったか? 横のおじ...

パティ・ケイク$のポスター

ニュージャージーのラッパー NR

 ニュージャージー版、 サイタマのラッパー? ニュージ...