映画『トイレのピエタ』レビュー

映画そのものがピエタ

窓拭きゴンドラからの上から目線と絵を描く姿勢の下から目線。
一挙手一投足、上下動静明暗、有機無機浄穢、そして生死。無言過ぎるのにメチャ雄弁。畏怖か敬意かその無言過ぎるスタンスという棘の道をあえて選択したのはピエタと真摯に正対している証し。主人公をトイレがそっと抱き抱え、スクリーンを観客が抱き抱え、映画館そのものを誰かかが抱き抱えていたような、、、ピエタ、お見事としか言いようがない。

10
トイレのピエタのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

こんな作品もレビューされてます

ウィーアーリトルゾンビーズのポスター

偏差値80以下の普通の人々

 テラヤマ、ソウマイ、 ブニュエル、クストリッツァ(ゲンキ...

港町のポスター

さよならの向こう側

 カメラではなく町のひと、 カメラではなく店の客、 カ...

イコライザー2のポスター

誰でもできるが誰もやらない、 で、皆怒る。

 誰でもできるが誰もやらない。 で、皆怒る。 誰でもで...