映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』レビュー

それでも、だめなんだ!

期待を持たせてくれた前篇への答え、私にはうれしいものだった。
「さまざまな環境やしがらみがあるから、いじめって難しいよね」の、その先を見せてくれた。

劇中で、いじめを行なってきた容疑者である生徒を、激しく尋問するシーンがある。
これが、容疑者の彼のみに向けられたものではないことが感じられた瞬間に、「その先」がはっきりと見えてくる。

「ひどい家庭環境で母親を守らなければばらない君の辛さは分かる。
それでも、いじめはだめなんだ!」

「理不尽にいじめられた悔しさは分かる。一歩先に、間違いに気づいた友を失った恐怖も分かる。
それでも、偽証はだめなんだ!」。

2つのエールが聞こえる。

裁判を進める中学生たちが、妙に大人びていることに違和感は禁じえないけれど、
「じゃぁ、中学生だった自分から、今、どれだけ変わっているか」を考えたとき、
これは、大人の映画なんだと感じるのだ。

8
ソロモンの偽証 後篇・裁判のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
茅野 布美恵のプロフィール画像

茅野 布美恵Freak

地方誌の編集者。映画は、ノンジャンルで鑑賞。基本的には、劇場で愉しむ主義です。その作品を観ないとわからないレビューになる傾向あり。情けない男が出てくる映画や、青春ものが好物。マイケルホリック(Michaelholic=マイケルホール心酔者)にして、パトリック(デンプシー)教徒。

映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』に対する茅野 布美恵さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリーのポスター

I have a bad feeling about this.

  銀河を股にかけた壮大なスペースオペラを展開する正史とは...

猫は抱くもののポスター

そして猫になる

  独立心旺盛な猫は、自分がひとよりも劣っているなんて考え...

サバービコン 仮面を被った街のポスター

未来は子供達に宿る

 1950年代アメリカ、閑静な住宅地“サバービコン”にとある黒人...