映画『アメリカン・スナイパー』レビュー

ネタバレもしてますがワルノリもしています。

♪This is the end, Beautiful friend
This is the end, My only friend, the end・・・♪

イーストウッド作品は毎回積極的に見に行こうとは思わない。
巧みな攻撃、完璧な守備、華麗なパスワークだけど終わってみたら
0対0のサッカーの試合を見たような気分になるからだ。

だが、今回は少し違った。
プレイヤー(主人公)が逝ってしまったからだ。
意図せずプレイヤーは神格化され、プレイヤー側のチームは勝利したかのような錯覚に陥る。作品はあくまでも0対0のサスペンデッドゲームなのに。

自分の記憶の中では主人公が逝ってしまうのは、監督・主演作品でいうと『センチメンタル・アドベンチャー』『グラン・トリノ』
だけのような気がする。
この国の原罪やPTSDの蔓延の事実だけを放り投げて、
あからさまな糾弾をしないのは嫌いではないし、
『ミスティック・リバー』のような反旗(半旗ではなく)の象徴として
の国旗の出し方などはむしろ好みの演出である。

しかし本作単体でみると、明らかな主張をしない0対0は図らずとも一方の勝利という誤解を招く。
ましてや渦中のテロリストの顔写真なんか出すと、確信犯的戦争肯定派に利用されてしまっては、ダーティ・リバタリアンの44マグナムでも解決できない。
最後にちょっと待った、そうはさせまいと、無言のエンドロールや、
鎮魂曲としてはニニ・ロッソのトランペット1本の方が効果的ではあるが、あえてそうはしないでモリコーネのオーケストラ版で震える心を沈静させたりとか、ラストを文字だけの表現にした所で、もう抑えられはしないだろう。

「イーストウッドさんこの状況をどう考えているの?」

「わざとだよ、わざと、戦略大作戦だよ make my day」

「しっつれいしました!」

♪じーーすいずじーえーーんd♪

8
アメリカン・スナイパーのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『アメリカン・スナイパー』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

新聞記者のポスター

【この国の民主主義は形だけでいいんだ】

 おもしろい! どれくらいおもしろかったか? 横のおじ...

パティ・ケイク$のポスター

ニュージャージーのラッパー NR

 ニュージャージー版、 サイタマのラッパー? ニュージ...