映画『ゴーン・ガール』レビュー

裏「危険な情事」。

今、彼氏や旦那の浮気を疑っている方は、まずDVDで「危険な情事」を一緒に観て、さらにこの「ゴーン・ガール」にお誘いしてはいかがでしょう。
その後、彼氏(旦那)の動向に変化があると、おもしろいですねー。

好きか嫌いかは置いといて、映画としても「おもろ怖い」上質なエンタメになっています。
少なくとも、140分越えを最後まで観せ切ってくれる。

このシーンを観ただけで、デヴィット・フィンチャーのそれと分かる、恐ろしく美しく描かれる性暴力シーン。
ロザムンド・バイクの聡明さが、さらに恐怖を盛る。

割り切った関係を望む都合のいい女は、そうそう都合よくいないということ、
さらに、その女が本気で割り切ってしまったときには、どえらい目に遭うということ、
そして、そのときには、「愛」と呼ばれるものはみじんも残らないことを、
知っておいてもいいかもしれない。

ラストに映される、うなだれたベン・アフレックの姿が、それらすべてを饒舌に物語っている。

8
ゴーン・ガールのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
茅野 布美恵のプロフィール画像

茅野 布美恵Freak

地方誌の編集者。映画は、ノンジャンルで鑑賞。基本的には、劇場で愉しむ主義です。その作品を観ないとわからないレビューになる傾向あり。情けない男が出てくる映画や、青春ものが好物。マイケルホリック(Michaelholic=マイケルホール心酔者)にして、パトリック(デンプシー)教徒。

映画『ゴーン・ガール』に対する茅野 布美恵さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

ちいさな独裁者のポスター

制服を拾ってからの展開がわかりづらい・・のがいい

 制服を拾ってからの展開がわかりづらい。 しかし、そのわか...

長江 愛の詩(うた)のポスター

目の保養

 長江の川辺の人達の習慣。 父親の死後、息子は川で黒い魚...

夜の浜辺でひとりのポスター

ポール・T・アンダーソンとのちがい

 今、スクリーンで起こっている事を味わう作品。 引いた絵で...