映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』レビュー

さぁ、明日も歌おう

舞台は60年代NY。ボブ・ディラン登場前夜のフォークソングシーンを愛情たっぷりに描くコーエン兄弟の最新作は架空のフォークシンガー、ルーウィン・デイヴィスを立たせ、偏愛の時代を追体験して見せる。いつものトボけたセリフにシュールな展開、おまけにジョン・グッドマンまで揃った紛れもないコーエン兄弟印の映画なのに優しく、元気づけられるというこれまでになかった彼らの新境地だ。

ルーウィンは売れないミュージシャンだ。決して下手ではない。ライヴをやればその場のキャパくらいは沸かせられる。でも、金の匂いのするミュージシャンではない。頑固で、自らの流儀に対するプライドが高く、他のミュージシャンに対しても辛辣だ。いわば平均的なアマチュア気質の男。彼みたいな男はどこの業界にもいるだろうし、多くの人はここから上に行けずに終わる。コーエン兄弟はルーウィンを寒風吹きすさぶブルックリンになぜか猫と一緒に立たせ、住む家すら与えない。素晴らしくシニカルで気風のいいキャリー・マリガンはこんな男の赤ん坊を妊娠してしまったと、矢継ぎ早に罵声を浴びせる。ドン底にさらに不幸をつるべ打ちするのがコーエン兄弟流のブラックユーモア。アーティスト残酷物語は嫌みもなく笑いに包まれる。

ところがジョン・グッドマンが現れてシカゴへの長距離ドライヴが始まると、もはや“フォーク版「バートン・フィンク」”の様相を呈してくる。不条理で悲惨な地獄のドサ回りは、果たして猫を連れたための厄なのか、それとも置き去りにした時に残りの運も使い切ったのか。

惰性でも何でもいい。明日も歌を唄おう。それが生活であり、生きる事なのだから。よぎるボブ・ディランの影にルーウィンの末路を観るが、演じるオスカー・アイザックの美声は何とも沁み入った。

8
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
長内那由多のプロフィール画像

長内那由多

タマネギ畑が広がる北海道のド田舎で多感な思春期を過ごす。中学2年生で「恋人までのディスタンス」のジュリー・デルピーに恋をする⇒メインの更新は本館ブログへ移行しました。こちらでは劇場公開作についてたまにアップします。

映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』に対する長内那由多さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

運び屋のポスター

拝啓、ハリー・キャラハン様

 拝啓、ハリー・キャラハン様 あなたが44マグナムを35カメ...

ハッピーエンドのポスター

馬鹿が戦車でやってくる

 ガラガラガラってうがいをするは、 gargariserっていうんだ...

アバウト・レイ 16歳の決断のポスター

ブルーノートとバックビート

 何故普通がいいの?本物を目指さずに・・・。 スーザン・サ...