映画『チョコレートドーナツ』レビュー

涙目のウィンク。

私はゲイでもなく、ダウン症でもなく、差別に晒された経験がない。
だから、本当の悔しさや憤りや悲しみはわからない。
けれど、この映画のなかで彼らがそれらを体験していることがグイグイと伝わってくる。
それは、決して大げさな演技ではなく、こぼれ落ちる「人を愛おしむ」表情や、人生を選び取る時の戸惑いや、許す時のはにかみ…。
それらが、言葉を超えたセリフとして観客に投げられる。

私が一番突き刺さったのは、ポールの涙目のウィンクだ。
ダウン症のマルコを引き取りたいと最初から思っていたルディ。
一方、ポールには「ルディのため」というフィルターがかかっていたはず。
その彼が、わずか30分の面会時にマルコに送った涙目のウィンク。

タイトルの「Any Day Now」=いつか。
ルディと出会うことで、ポールには、その「いつか」がこの時すでに訪れていて、マルコにも「いつか」を贈りたかったのだ。
最初の敗訴で諦めなかったのもポール。
マルコからルディや、ルディからポールへ、ポールからマルコへ…。
この「愛の連鎖」を信じさせてくれる、一瞬のウィンク。

世の中に、「いつか」が訪れますように。
そして、その「いつか」に私が気づけますように。

8
チョコレートドーナツのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
茅野 布美恵のプロフィール画像

茅野 布美恵Freak

地方誌の編集者。映画は、ノンジャンルで鑑賞。基本的には、劇場で愉しむ主義です。その作品を観ないとわからないレビューになる傾向あり。情けない男が出てくる映画や、青春ものが好物。マイケルホリック(Michaelholic=マイケルホール心酔者)にして、パトリック(デンプシー)教徒。

映画『チョコレートドーナツ』に対する茅野 布美恵さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリーのポスター

I have a bad feeling about this.

  銀河を股にかけた壮大なスペースオペラを展開する正史とは...

猫は抱くもののポスター

そして猫になる

  独立心旺盛な猫は、自分がひとよりも劣っているなんて考え...

サバービコン 仮面を被った街のポスター

未来は子供達に宿る

 1950年代アメリカ、閑静な住宅地“サバービコン”にとある黒人...