映画『コーヒーをめぐる冒険』レビュー

逃げなくなる男。

主人公のニコの、朝起きてから翌朝までの一日を追ったモノクロ作品。
いくつかのエピソードを重ねるごとに、「少しずつ逃げなくなる」ニコを見守る感覚。
最後の「逃げないエピソード」のご褒美としてありつけるのは、ずっと飲めなかった一杯のコーヒー。

「翌日からの彼」を想像させるラストが、映画的。

「アフターアワーズ」を観たくなる。

7
コーヒーをめぐる冒険のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
茅野 布美恵のプロフィール画像

茅野 布美恵Freak

地方誌の編集者。映画は、ノンジャンルで鑑賞。基本的には、劇場で愉しむ主義です。その作品を観ないとわからないレビューになる傾向あり。情けない男が出てくる映画や、青春ものが好物。マイケルホリック(Michaelholic=マイケルホール心酔者)にして、パトリック(デンプシー)教徒。

映画『コーヒーをめぐる冒険』に対する茅野 布美恵さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

ちいさな独裁者のポスター

制服を拾ってからの展開がわかりづらい・・のがいい

 制服を拾ってからの展開がわかりづらい。 しかし、そのわか...

長江 愛の詩(うた)のポスター

目の保養

 長江の川辺の人達の習慣。 父親の死後、息子は川で黒い魚...

夜の浜辺でひとりのポスター

ポール・T・アンダーソンとのちがい

 今、スクリーンで起こっている事を味わう作品。 引いた絵で...