映画『アクト・オブ・キリング』レビュー

演じているのは、誰だ?

このドキュメンタリーのメイン対象となるのは、インドネシアの大量虐殺の加害者の代表である男アンワル。
彼の「変化」については、多くの批評やレビューですでに語られている。
確かに、彼の変化と最後の「えづき」には、人間の「恐ろしき順応性」を見せつけられ戦慄させられる。
それを理解したうえで私が一番強く感じたのは、「演じる(アクト)」行為が意味することだった。

「加害者である彼ら」は、自分たちが人を殺したことを罪と認識することなく、虐殺する自分を演じる。
一方、共産主義者とされる「被害者である彼ら」は、「状況を知ったうえで演じざるをえない日常」を送っているのだ。

劇中、加害者たちから演技指導で圧力をかけられたとき、被害者たちはリアルに抵抗し涙を流す。
この瞬間、とっさに演技が解かれるのは、彼らが「その恐怖」と自らが置かれた状況を理解しているからだ。

エンドクレジットでロールアップされる「アノニマス(匿名)」の連発に、「彼ら」の事情を痛感する。

演じ続けてきた者たちと、自らを演じて初めて真実と対峙した者たち。
この構図は、きっと他国のみの出来事ではなく、国レベルのみの出来事でもない。
人間のひとつの性(さが)ともいえる問題に、どう対処すべきなのか、問われている気がしている。


※実は、鑑賞中に何度かウトウトしたため、
・点数は暫定
・内容は覚書
といたします。
ウトウトしたのが花粉症のクスリのせいなのか、映画の内容のせいなのかも含め、上映期間中に再見できたら、改めて書くかもしれません。

7
アクト・オブ・キリングのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
茅野 布美恵のプロフィール画像

茅野 布美恵Freak

地方誌の編集者。映画は、ノンジャンルで鑑賞。基本的には、劇場で愉しむ主義です。その作品を観ないとわからないレビューになる傾向あり。情けない男が出てくる映画や、青春ものが好物。マイケルホリック(Michaelholic=マイケルホール心酔者)にして、パトリック(デンプシー)教徒。

映画『アクト・オブ・キリング』に対する茅野 布美恵さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

バッド・ジーニアス 危険な天才たちのポスター

脱・ひとりぼっちの青春

  ひとは生まれながらに平等である……わけもない。それゆえ、...

運命は踊るのポスター

この道は・・・

  すがっては裏切られてきた神は信じないけれど、運命は心の...

ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリーのポスター

ヤング・ハン・ソロの冒険

 そもそも、一体誰がこの映画を望んでいたのだろう? ハリソ...