映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』レビュー

逆・正露丸糖衣A錠。

賛否評価が分かれている本作。
私は、楽しんだ。

コツは、いわゆる世の中のルールというやつをとっぱらって観ることだ。
そうすれば、「今、決定的に欠けていること」と「普遍的にヤバいこと」が浮かび上がってくる。
苦そうに見えて、ものすごくまっとうなことを提示している。
例えるなら、逆・正露丸糖衣A錠?

現代人(笑)が押そうともしない(存在にすら目をつぶる?)「欲望のボタン」を、ディカプリは3時間近く突いて突いて突きまくる。
この「執拗さ」がメッセージなのだ。

スコセッシが、このテーマでメガホンを取らねばならなくなったほど、世の中タンパクになってしまったのだな。
この「ヤバさの普遍性」は、避けていかねばならない。

8
ウルフ・オブ・ウォールストリートのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
茅野 布美恵のプロフィール画像

茅野 布美恵Freak

地方誌の編集者。映画は、ノンジャンルで鑑賞。基本的には、劇場で愉しむ主義です。その作品を観ないとわからないレビューになる傾向あり。情けない男が出てくる映画や、青春ものが好物。マイケルホリック(Michaelholic=マイケルホール心酔者)にして、パトリック(デンプシー)教徒。

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』に対する茅野 布美恵さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリーのポスター

I have a bad feeling about this.

  銀河を股にかけた壮大なスペースオペラを展開する正史とは...

猫は抱くもののポスター

そして猫になる

  独立心旺盛な猫は、自分がひとよりも劣っているなんて考え...

サバービコン 仮面を被った街のポスター

未来は子供達に宿る

 1950年代アメリカ、閑静な住宅地“サバービコン”にとある黒人...