映画『バトルシップ』レビュー

100周年記念

監督 ピーター・バーグ
巨額の制作費を(監督が、巨額すぎて誰もちゃんと把握できてないので、やりたいように撮れて、いろいろできたなどと言うほど)投じて作られた映画なので、迫力あるし映像美や細かい部分まで作り込まれてるので、見入れる映画だが、内容は観る側の解釈によって、侵略なのか、ファーストコンタクトの失敗なのか意見がわかれそうだ・・・・・・・・
偶発的な戦争ともとれるため、結構難解な映画なのかも

雑談的事ですが、題名でもあるバトルシップとは昔にはやった、戦艦撃破ゲームです。映画の中に出てくる作戦はそれにちょっと似た戦略のため、この題名になったのかな?
後、日本人で出演している浅野忠信さんはクォーターなんですってね

6
バトルシップのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
木船 大輔のプロフィール画像

木船 大輔

映画を見て思ったままに点数つけるので、結構まとはずれな点もありますが
考えたりしてその時によって点数変わっちゃうので気にしないでくださいww

いろいろ映画で語れたらおもしろいので、コメント大歓迎ですよ

映画『バトルシップ』に対する木船 大輔さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

新聞記者のポスター

【この国の民主主義は形だけでいいんだ】

 おもしろい! どれくらいおもしろかったか? 横のおじ...

パティ・ケイク$のポスター

ニュージャージーのラッパー NR

 ニュージャージー版、 サイタマのラッパー? ニュージ...