映画『宇宙兄弟』レビュー

キャスティングはベストマッチ。だからいろいろ惜しい。

初っ端からブライマルスクリームの「Rocks」が流れてテンションが上がり、スタイリッシュなオープニングですっかりワクワク。キャストもほぼ原作のイメージ通りで、素晴らしいキャスティング! と思いながら見始めたけれど。
うーん。まとまっているし悪くはないけど、原作にある「ドキドキ感」や「次に何が起こるか分らない感」や、「この人こんなに面白いんだ感」がキレイサッパリ失われていて、少しガッカリしたのだった。
まだ連載中の長い原作を一本の映画にまとめるのだから、エピソードや設定を取捨選択をしなければいけないのは必定なのだが、なんだか取捨選択を間違えていて、面白さが半減しているように見えたのが何とも残念。中途半端に話を追うなら、いっそ別の展開にしてくれた方がまだ良かったような。
出来あがった映画から推測するに、恐らく「撮影許可が出た素材」を元に、「兄弟で宇宙に行く」約束をベースに取捨選択して行ったのだと思うけど、残したエピソードでも一番面白い部分をバッサリ落としていたり、この話を採用するなら、ここは描かんといかんだろう、という部分を落としていて、その結果、頭の悪そうな兄弟が宇宙への憧れだけで夢を実現しました、的な話に見えてしまった。そうじゃないのに! ムッタもヒビトも人と違った才能があるから、宇宙飛行士になれたんだよ! という部分をきちんと描いてほしかった。だから、子供の頃のエピソードはあんなに要らないと思う。
個人的に一番ビックリしたのがケンジ役の井上芳雄。ケンジのあの髪型があんなに似合うとは、舞台の上でのプリンスな彼を見慣れている身では予想だにしなかった(笑)。麻生久美子のせりかさんも本当にピッタリだったので、他の宇宙飛行士候補生達も含め、もっと生かして描いてあげてほしかったなあ。彼らとのやり取りも面白さの一つなんだから。そんな訳で、原作ファンとしては「惜しい」としか言えない。

6
宇宙兄弟のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
大串 京子のプロフィール画像

大串 京子

シアトルに本社があるゲッティイメージズという映画や映像や広告などの素材を提供する会社で何でも屋的な仕事をしています。

映画『宇宙兄弟』に対する大串 京子さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

新聞記者のポスター

【この国の民主主義は形だけでいいんだ】

 おもしろい! どれくらいおもしろかったか? 横のおじ...

パティ・ケイク$のポスター

ニュージャージーのラッパー NR

 ニュージャージー版、 サイタマのラッパー? ニュージ...