映画『キック・アス』レビュー

本郷猛と立花藤兵衛とその他1名の会話

猛「いやあ、キックアス面白かったですねぇ!数々の名作映画へのオマージュ、映画音楽へのリスペクト、楽しめましたね、おやっさん!」

藤兵衛「でもヒーロー物はな、バーっと時速300キロで走るとか、ビューってマッハで飛ぶとか、世界征服をする悪者をばばばと倒すとかないとな、何だかスカッとしないな。」

猛「もうそういう時代じゃないんですよ。等身大の生身のヒーローが傷んだり悩んだりして成長していく・・・その気持ちよくわかりますよ。特に手術台で改造される所、なぁオマエ」

1名「ヒー!」

猛「ジョーン・ジェットのバッド・レピュテーションは意外でしたよ!!!」

藤兵衛「あの、奥さまは魔女のタバサ役の子の曲だろ?全体的に良かったけどちょっとミスマッチを狙いすぎの曲もあったな」

猛「それは元同じバンドの子ですがチェリー・カリーでしょ?しかも都市伝説だし・・・。それにしても夕陽のガンマンはおやっさん、しびれたんじゃないんですか?」

藤兵衛「まあな。ガトリング銃には涙が出そうにはなったけど、あと、今時バズーカって言い方はないだろ」

猛「ロケット・ランチャーですか?どっちでもOKっすよ。
  いや~でも、面白かったな~。<事件が起きても、みんな傍観者>には共感しましたよ。なぁオマエ」

1名「ヒヒー!」

藤兵衛「あまりに最近は等身大ヒーローが多過ぎるんじゃないか?シャーロック・ホームズだって、引きこもりに、アル中だし。オマエはどうだ?」

1名「ヒー!」

猛「小さな正義感から意外なヒーローになって、ちょっと活躍して、そこそこの悪者を倒す。人間臭い微妙な主人公のストーリーだけど、暴れ方のセンスは俺は好きっすよ。おやっさん」

藤兵衛「そうか猛、じゃあオマエは微妙なヒーローにならないように今から特訓だ!」

猛「おやっさん!!!」

1名「キック・アス最高!ヒヒー!」

8
キック・アスのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『キック・アス』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

クレイジー・リッチ!のポスター

アジア版『ブラックパンサー』

 大旋風である。ワーナーブラザーズの製作ながらオールアジア...

クワイエット・プレイスのポスター

声をあげよ

 『クワイエット・プレイス』は全編に渡って集中力の漲った素...

インクレディブル・ファミリーのポスター

オンリーワンで、スーパーワン

 映画は2004年の第1作目直後から始まるのに少しも古びていな...