映画『スーパー・チューズデー 正義を売った日』レビュー

政治ドラマかと思いきや

大統領選挙の駆け引きを描く、ザ・ホワイトハウスのような政治ドラマだと思っていたら、もっとサスペンス寄りなストーリーでしたね。大統領選挙というスパイスがとてもよく効いた骨太な映画だった。派手さはないけどハラハラする演出が実に巧いなぁと思いました。

それにしても、ジョージ・クルーニーがでてる作品を観るといつも思うことだけど、なんであんなに声がダンディなんだろうね。役者としての演技力もさることながら、声の良さがその魅力をさらに引き立ててる気がする。

役者さんはみんな持ち味を出してたし、脚本も演出も良かったし、これはいい映画を観たな。前評判が良いわりにいまいち話題になっていない気がするのは勿体ないと思うけどなー…。

8
スーパー・チューズデー 正義を売った日のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
橋向 昭一のプロフィール画像

橋向 昭一

馬と自転車が好きです。

映画『スーパー・チューズデー 正義を売った日』に対する橋向 昭一さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

新聞記者のポスター

【この国の民主主義は形だけでいいんだ】

 おもしろい! どれくらいおもしろかったか? 横のおじ...

パティ・ケイク$のポスター

ニュージャージーのラッパー NR

 ニュージャージー版、 サイタマのラッパー? ニュージ...