映画『ヘルプ 心がつなぐストーリー』レビュー

黒人メイドかわいそう

 誰をも全面的に支持できないように描かれていてとてもいい映画だなーと思ったんだけど、一番意地悪なおばさんだけは完全な悪者なのでどうぞ憎んでくださいとなっていたのが気になった。しかし、それこそが差別の芽として我々の心に存在するものなのだと仕掛けているように思った。太ったメイドのおばさんも、いちいち態度が偉そうで彼女が夫にDVを受けるのもあまり気の毒に思えないし、そんなように意図的に描いているのだろう。

 差別には勇気をもって立ち向かおうという姿勢はとてもよく伝わったが、差別する側がどうすれば差別する気持ちを克服すればいいのか示して欲しかった。「自分だってされたら嫌な事は人にはするな」でいいのかもしれないが、それ以外で特効薬のような方法をぜひ教えて欲しい。

 

8
ヘルプ 心がつなぐストーリーのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
古泉 智浩のプロフィール画像

古泉 智浩Freak

こんにちは、新潟在住のマンガ家の古泉智浩です。東京にもアパートを借りているんですが、テレビが無いに等しいので上京中は映画ばっかり見ています。新潟では映画館とWOWOWでよく見ます。

映画『ヘルプ 心がつなぐストーリー』に対する古泉 智浩さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

新聞記者のポスター

【この国の民主主義は形だけでいいんだ】

 おもしろい! どれくらいおもしろかったか? 横のおじ...

パティ・ケイク$のポスター

ニュージャージーのラッパー NR

 ニュージャージー版、 サイタマのラッパー? ニュージ...