映画『ヒューゴの不思議な発明』レビュー

時代の先頭を走る巨匠から勇気をいただく。

スコセッシ監督にひざまずいて感謝したい。
途中から涙止まらなかった。

時代の先頭を走る巨匠から勇気をいただいた。
映画という魔法の力を信じる監督の愛の大きさに胸打たれました。

愛おしい傑作。

ある友人が、
「3Dは他の技法と同じ技術の一つにしかならない」と言った。
この映画はその技術を完璧に使いこなしている。
だから3Dで観るのが正しい。

世界を代表する巨匠が謙虚に膝をついて、今の観客に両手を広げる。
日本のベテラン監督はどうでしょう?

映画の裾野を広げ続けるかの国への憧れは止められず。

オープニングで"インフィニタム・ニヒル"のロゴ出たから
まさかと思ったけどジョニー・デップがプロデューサーしてて
改めて格好よ過ぎ。

9
ヒューゴの不思議な発明のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
完山 京洪のプロフィール画像

完山 京洪Freak

監督/脚本/俳優/製作。Vesuvius LLC. Japan 代表。 監督作「シーソー seesaw」「救命士」「Make My Day」

映画『ヒューゴの不思議な発明』に対する完山 京洪さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

新聞記者のポスター

【この国の民主主義は形だけでいいんだ】

 おもしろい! どれくらいおもしろかったか? 横のおじ...

パティ・ケイク$のポスター

ニュージャージーのラッパー NR

 ニュージャージー版、 サイタマのラッパー? ニュージ...