映画『世界最速のインディアン』レビュー

夢を追い続ける姿がまぶしい

個人的2007年ベストムービー。
私がこの作品を気に入ったポイントを簡単にまとめると。

・ロードムービー(というジャンルに弱い)
・自分の夢を追いかける生き様(サクセスストーリーが個人的なツボ)
・アンソニー・ホプキンス
・物語のテンポのよさ
・バイクのスピード感

とにかく主演のアンソニー・ホプキンスが輝いてましたね!今までアンソニー・ホプキンスというと、どうしてもレクター博士の印象が強すぎて、他の映画を観てもいまいち感情移入できなかった私ですが、今作は凄いことをやらかしそうな爺様を生き生きと演じてて好感度大でした。

実話だというから、余計このお話に惹き付けられる部分があるのかもしれません。それにしても、バート・マンローという人の前向きな生き様には心からあこがれますね~。

9
世界最速のインディアンのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
橋向 昭一のプロフィール画像

橋向 昭一

馬と自転車が好きです。

映画『世界最速のインディアン』に対する橋向 昭一さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

凪待ちのポスター

heyheyheyboy いつのひにかまたしあわせになりましょう

 久しぶりに背中でも感情を表現する事ができる役者さんを見た...

7号室のポスター

じゃない方・・・

 日本の70年代のテレビドラマのような作品。 派手な事件は...

ガラスの城の約束のポスター

論理よりも心理(感情)

 ウディ・ハレルソンとナオミ・ワッツ。 ホームレスを演じ...