映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』レビュー

アベンジャーズよりも、X-MEN

アベンジャーズよりも、X-MEN。

X-MENよりもDC、

中でもウォッチメンが1番の好みです。

理由はストーリーが、ヒトとヒトの話し、あるいはヒトの能力の延長上に起こる出来事だからです。

そういうのはエンターテイメント映画に必要無い!
というのは映画好きには通用しますが、一般の観客向けには、
時事状況に沿った作り方を90年代後半辺りから意識してるような作品が多いような気がします(自分感覚)。

マーケティングリサーチされたデータに基づいてシナリオをチームで作成しているようです。

アレ?

これはスパイダーマン

8
X-MEN:ダーク・フェニックスのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

新聞記者のポスター

【この国の民主主義は形だけでいいんだ】

 おもしろい! どれくらいおもしろかったか? 横のおじ...

パティ・ケイク$のポスター

ニュージャージーのラッパー NR

 ニュージャージー版、 サイタマのラッパー? ニュージ...