映画『ザ・ファブル』レビュー

リットン調査団!

弱い犬ほどよく吠える。

→吠えないで強さをみせる。

能ある鷹は爪を隠す。

→爪を隠して能をみせる。

これぐらいの縛り(課題)のフォーマットの映画はよくある。

リーアムニーソン、マットデイモン、

デンゼルワシントン、キアヌ。

引退、記憶喪失、戦意喪失etc。

奥様は魔女などもそのフォーマットの異形。



本作の縛りは更に、

致命傷にならない。

ギャグで笑わせない。

エー!



こんな満貫縛りの麻雀のような映画が

成立するのか?



めちゃ楽しめました。



リットン調査団をスクリーンで観れた事にも感謝!

8
ザ・ファブルのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『ザ・ファブル』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

凪待ちのポスター

heyheyheyboy いつのひにかまたしあわせになりましょう

 久しぶりに背中でも感情を表現する事ができる役者さんを見た...

7号室のポスター

じゃない方・・・

 日本の70年代のテレビドラマのような作品。 派手な事件は...

ガラスの城の約束のポスター

論理よりも心理(感情)

 ウディ・ハレルソンとナオミ・ワッツ。 ホームレスを演じ...