映画『主戦場』レビュー

日本、日の丸、君が代、戦争・・・

国、日本、祖国。

国旗、日の丸、旭日旗。

国歌、君が代、唄うor唄わない。

戦争、太平洋戦争、第二次世界大戦。



それぞれに伴う様々な事、本作で扱っている問題、他、まだまだ要検証の事が多過ぎる。



これらに何ら問題は無い、話し合いの必要も無いという人も一緒に、

ひとつひとつ、バラバラに解体して、レイヤー分けをして、再構築して、良い点は何だったのか、何が問題だったのか、継承すべき点はあるのかないのか、それぞれの組織の公式見解はこれ、そして、その公式見解に、反対でもリスペクトはする、というような、具体的な第一歩のキッカケになるような作品になっていると思います。



映画には人や社会を豊かにする文化的側面がある一方で、戦時にプロパカンダ的に使用されたように、人や社会を恐怖や貧困に陥れる装置的(これも文化)側面もあるのは歴史的事実です。

ビジネスや、コンテンツという言葉だけでは括れない価値が映像や映画にあると断言してもいいでしょう。


本作が豊かに健全に機能する事を願っています。



これ以上の事は、お互いの顔を直接見ながら話しができる環境でお話したいので、ここまでにしておきます。

7
主戦場のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

こんな作品もレビューされてます

新聞記者のポスター

【この国の民主主義は形だけでいいんだ】

 おもしろい! どれくらいおもしろかったか? 横のおじ...

パティ・ケイク$のポスター

ニュージャージーのラッパー NR

 ニュージャージー版、 サイタマのラッパー? ニュージ...