映画『チャーチル ノルマンディーの決断』レビュー

ガリポリで戦犯、ダンケルクで英雄

成功とは失敗から失敗へ情熱を失わずに進むこと
byチャーチル

ガリポリで戦犯、ダンケルクで英雄、本作はノルマンディ上陸作戦に猛反対のチャーチルを描く。

理由は、
「指揮官どもは失敗に学ぶ気がない。

連中は作戦の代償を見ていない。

目を撃たれた兵士、

もげた脚、血に染まった海、

これを見なければならんのだ!」

6
チャーチル ノルマンディーの決断のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『チャーチル ノルマンディーの決断』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

凪待ちのポスター

heyheyheyboy いつのひにかまたしあわせになりましょう

 久しぶりに背中でも感情を表現する事ができる役者さんを見た...

7号室のポスター

じゃない方・・・

 日本の70年代のテレビドラマのような作品。 派手な事件は...

ガラスの城の約束のポスター

論理よりも心理(感情)

 ウディ・ハレルソンとナオミ・ワッツ。 ホームレスを演じ...