映画『友罪』レビュー

感情むきだし道理は引っ込め

ぜぜさんと同じスタジオでスタッフルームが近かったので、
お会いしたら伝えようと思ってましたが、
お会いしなかったので、飲み会ででもお会いしたらこんな事を言おうかなと思っています。



俳優部のスーパーバトルロイヤル。

それは見応えがあり過ぎるくらいに凄かったです。

それをロジカルに指揮しないで、

客席に向いて感情全部乗せ、全部モロ出しにする力技。

チカラワザでイッポン取るには題材が重量オーバー、でも、それをやるのが、ぜぜけいきゅう!



無理が通れば、道理は引っ込む。

感情むき出し、論理は引っ込め。



こういう事でよいでしょうか?

7
友罪のポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『友罪』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

凪待ちのポスター

heyheyheyboy いつのひにかまたしあわせになりましょう

 久しぶりに背中でも感情を表現する事ができる役者さんを見た...

7号室のポスター

じゃない方・・・

 日本の70年代のテレビドラマのような作品。 派手な事件は...

ガラスの城の約束のポスター

論理よりも心理(感情)

 ウディ・ハレルソンとナオミ・ワッツ。 ホームレスを演じ...