映画『愛がなんだ』レビュー

愛のパーセンテージ

私たち付き合ってるんだよね?
曖昧な恋人関係でお決まりのセリフ。
双方の愛の量に違いはあれど、少なからずの愛があるから成り立つ関係。
あっ、でも愛がなくても肉体関係は成立するのかな?
いや、それでも0.5%くらいの愛はきっとあると思いたい。

本作には様々な愛のかたちを垣間見ることができる。
だから面白い、客観的に見てる分には。
こんな人間関係の渦には巻き込まれたくないと思うようになったのは
自分が年をとったせいなのか、それとも恋愛で傷つきたくないからなのか、
いずれにせよ自分の過去の苦い恋愛を思い出してしまいそうなくらい
共感できてしまうところが本編の罪なところである。

8
愛がなんだのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
Koshun Azのプロフィール画像

Koshun Az

映画サイトを作ってます。他にもWebサイト、iPhoneアプリ制作などなど。

映画『愛がなんだ』に対するKoshun Azさんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

新聞記者のポスター

【この国の民主主義は形だけでいいんだ】

 おもしろい! どれくらいおもしろかったか? 横のおじ...

パティ・ケイク$のポスター

ニュージャージーのラッパー NR

 ニュージャージー版、 サイタマのラッパー? ニュージ...