映画『BPM ビート・パー・ミニット』レビュー

法に守られた殺人はOK

ドクドクドク
per
minutes
もう時間がない。

法に守られた殺人はOK、それに対する抗議はNG。

明日が来ないかもしれない,、それでも泣き寝入り?

整列して声をあげるだけ?
silence=mort
沈黙は死
リズム(心臓)は止まる。
切実です。

以下はどうでもいい感想。

過去または定番の音楽を、
登場人物と観客にシンクロさせるのは、
昨今流行りです。
ただこのスモールタウンボーイの和訳をしても伝わらないだろシンクロ感は
タランティーノ再生工場を思い出す。
(ゴダールやカーウァイ他、異論が聞こえてきそうですが、圧倒的利益率、インパクトを考えるとこの人でしょう。)

8
BPM ビート・パー・ミニットのポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
小川 勝広のプロフィール画像

小川 勝広

『ブタがいた教室』企画・プロデューサー
『乱暴と待機』プロデューサー
京都造形芸術大学・非常勤講師
東北芸術工科大学・特別講師

映画『BPM ビート・パー・ミニット』に対する小川 勝広さんのレビューにコメントする

こんな作品もレビューされてます

新聞記者のポスター

【この国の民主主義は形だけでいいんだ】

 おもしろい! どれくらいおもしろかったか? 横のおじ...

パティ・ケイク$のポスター

ニュージャージーのラッパー NR

 ニュージャージー版、 サイタマのラッパー? ニュージ...